父と祖父母の法要

先程、父と祖父の33回忌(祖父は2年早い)、祖母の23回忌(1年早い)の法要を済ませて来ました。
緊急事態宣言中ということもあり精進落としの会食はなし、息子一家も妹も親戚も呼ばず、
母と私達夫婦3人だけの会です。



父と祖父母の法要_b0367284_13534362.jpg


父が白血病で急死してから引きずって来た事業や家の資産の問題などが、全て今年3月にチーン!と終了。
仏の縁も切れるという33回忌の年に片付くなんていう流れも、なんとまぁ意味深いことか。



父と祖父母の法要_b0367284_13532305.jpg



思えば長い年月で。

師にも言われましたが、ようやく得た自由は、プレッシャーに慣れすぎた我が身には何だか実感も無く、欲も無くなり静かな気持ちです。



父と祖父母の法要_b0367284_13533606.jpg

法要の前、家族の夢が続きました。

残念ながら祖父の夢は忘れてしまって。
(おじいちゃま、ゴメン!自由人なおじいちゃまらしい夢だったような?私も見習わないとね。)

父の夢は、会社で悪事を働いた人間に気づき、怒って追いかけるも階段を2、3段踏み外して転倒してしまって追えなくなる夢。
父は無念だったのだと思います。
(やっと決着ついたよ!もう心配しなくて大丈夫。)

祖母は寝坊した私の代わりに黙々と台所仕事をしてくれる夢。
(受容的だったおばあちゃま。ダメな自分にも気づいて受け容れないと、ね。私にも女の子の孫ができましたよ。)



仏も3人、人も3人。
ささやかな法要でしたが、招待客への気遣いはなく、むしろゆっくりと静かに故人に向き合えたと思います。
これで一区切り。
新しい日々の始まり、なんてキラキラした軽やかな感じはありませんが、胸にどっしりと来る
ものを感じています。














# by chinagii | 2021-05-15 14:38 | 思うこと | Trackback | Comments(0)

合う人と会う

昨日、ある講習会に参加して、久しぶりに電車に乗って都心に出ました。
今、ほとんど人と会うことのない生活ですが、久しぶりに知己の方々のお顔を見られて。
なんというか、嬉しさもひとしお、でした。

合う人と会う_b0367284_12352573.jpg
(散歩用のお気に入りの帽子。今年新調しました。)



人の好き嫌いなどはあまり無くなりましたが、合う人と会うのは楽しいものです。

社交的でない私でさえ、人と交わることの楽しさ、嬉しさを感じられます。
これも一人の時間があってこそなのかもしれません。
人によってそのバランスはそれぞれなんでしょうね。



合う人と会う_b0367284_12351590.jpg
(ハート形の苺ちゃん)




来週の5月20日(木)は夢の茶話会
オンラインとは言え、今回も夢のお仲間と会って深いお話ができるのかと思うととても楽しみです。




# by chinagii | 2021-05-12 12:54 | 思うこと | Trackback | Comments(0)

行動瞑想

ご存知の方も多いと思いますが、瞑想は姿勢を正して座ってするものだけではありません。
私のように毎日タスクのように瞑想をするのは、目的獲得(悟りを得る)と合理主義(方法、手段としての瞑想)そのもので、
むしろ世間の常識にハマる行為だと評論家の白取春彦さんは言います。
瞑想とは常識、世間という色眼鏡の価値観を外し、自由になる行為だとのこと。
(つまり、先入観なしにあるがままを見るという事)

そして行動瞑想という言葉で日常の行動が瞑想になり得ることを語っています。


行動瞑想_b0367284_16494792.jpg



毎日迷走もとい、瞑想している私は同意するところもあり、そうでないところもありで。
瞑想の定義は色々で、白取さんの仰ることはその通りだと思いますが、
私は「瞑想は本当の自分と触れる、繋がる」ことだという表現の方に共感します。

けれど白取さんのおっしゃることは勉強になることも多々で、
あまり時間ややり方など、きっちり決めない方がいいと言う意味ではその通りかと。
所謂修行は×ということですね。

けれど、日常で一人時間を持てず、タスクに追われ情報に振り回され、
常識や思考から離れられないのであれば、私は瞑想を習慣化するのもいいのではと思います。


私も、座ってする瞑想だけだとかえって煮詰まることもあり
臨機応変に単純作業の瞑想や歩く瞑想などの行動瞑想に置き換えています。


行動瞑想_b0367284_15593874.jpg
(昨日届いた母の日の贈り物です。)


そして、白取さんは「悟り」は目指すものではなく、訪れるものだとも、丁寧な生活の中にあるとも。
一瞬にして「わかる」ことが悟りだそうです。

『今、ここ』で思考から自由になり、静かになって自分と繋がる、そのことにただ専心すればいいのでしょうね。












# by chinagii | 2021-05-09 16:50 | 思うこと | Trackback | Comments(0)

スノッブな自分

前回のblogで毎日1時間瞑想して、マントラ唱えながら歩いてますなんて書きましたが、いかにもスノッブであったなぁと。

俗物らしくもっと正直に書きます。
正確には、1時間瞑想してますではなくて、1時間の瞑想時間を取っています、です。
10分ストレッチ、15分の瞑想を3種類、5分のイメージワークで1時間。

1時間半の散歩は、悪天候の日や用事のある日、行きたくない日は無理をせずお休みします。

安心して宇宙(神様)に全て委ねれば大丈夫、と思えれば瞑想が上手くいった証拠で、
そうでなければちょっとズレてる合図だと受け取っています。
イメージは夢で見た満点の星空です。

ある日の散歩で、今日は頭グルグルで上手くいかなかったなぁとしょんぼりしながら帰途につきました。


スノッブな自分_b0367284_10055299.jpg


すると目の前に『銀河』のトラックが現れて。
そうだ、頑張るのを止めて宇宙にお任せすれば良かったんだと力が抜けました。

こんなことの繰り返しで毎日やっています。

歩みは遅々としておりますので
しばらくはこの一人時間を続けようと思っています。









# by chinagii | 2021-05-06 10:07 | 思うこと | Trackback | Comments(0)

半分隠者のように

最近の私の夢のメッセージの傾向は、外に目を向けず自分を貫く、自分の内側を見る、夫から学ぶ。(参考→『夫との夢』
そんな自分にとってコロナ自粛は神様がくださった時間なのかもしれません。

昨年か一昨年、ヒーリングを受けている先生から
「これからは本を読んだり勉強したりはしなくていいみたい、それより我を捨てなさい」と助言をいただきました。
自分でも腑に落ちる言葉でした。

なのについ不安になって、本を読んだり何かを学ぼうとしてしまったり。
でも長かった家業のいくつかの裁判が最終決着した今年の3月から、徐々に気持ちが静かになってきました。
詳細は省きますが、父が亡くなってから33年にもわたる暗黒時代の終了でした。

せっかくなので、外からの情報からも少し距離を置いてみようと思い至りました。
もともとネットニュースも新聞もほとんど見ず、朝と晩にNHKのニュースを見るくらいでしたが、
ネット検索やSNSの類いもなるべく止めてみました。

すると瞑想もうまくいくようになってきました。
今一番の関心は、今更ながらでお恥ずかしいのですが、真我とつながる生き方。

え、マジで?

はい、目指しています。


半分隠者のように_b0367284_16160983.jpg
(芍薬の蕾、少し膨らんで来ました。)


朝1時間ほど瞑想して、1時間半弱散歩します。
以前は散歩は健康のために早歩きでしたが、私の場合、早歩きをすると意識が外に向かってしまうことに気がつきました。
ゆっくり一歩一歩、心の中でマントラを唱えながら歩きます。
つばの広い帽子を深めに被り、マスクをして、人とは目を合わせずに伏し目がちに歩いています。
雲水のイメージでしょうか。
外から見たら少し不思議な人ですね。(笑)

もちろん思考が出てきてうまくいかない日もありますが、そういうときの対処方法も試行錯誤中。
今は出てきたものをそのまま受け入れて、ありがとうと手放すというのがいい感じです。

そして夕方もできるだけ1時間くらいの瞑想をするようにしました。
それ以外の時間は家事をしたり、庭仕事をしたり、こんな風に文章を書いたり。
あ、ミステリードラマも見てます!

外出する用事も最小限に留めて、半分隠者のような生活です。
けれど今は全く違和感なし。
いやむしろ自分に合っているようで快適かもしれません。














# by chinagii | 2021-05-03 17:10 | 思うこと | Trackback | Comments(0)

大通りを外れ、自分らしく小径を行きませんか?


by chinagi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31