10日前の1月13日、夢療法の師匠の初夢ワークショップがありました。
@神宮前。
この本にも載っている、素敵なヴィンテージ・マンションです。↓


師匠の初夢ワークショップ_b0367284_12252576.jpg



参加者はツワモノ揃い・・・。
でも懐が深い方ばかりで、落ち着いた雰囲気です。

さて私の初夢はと言うとー。

『ベッドに横たわり目を閉じて眠ろうとしている。
 眉間の第3の目(アジュニャー・チャクラ)あたりに映画のスクリーンの様なものが見え、
 そこにはたくさんの動物達が一つの車に乗った映像が見える。
 童話の絵本の様。
 第3の目で見るってこういうことなんだと思っている。』

これが夢の絵ですが、見にくいですね・・・。
クマ、キツネ、ウサギ、キリン、リスなどが、一緒に赤い車に乗っています。



師匠の初夢ワークショップ_b0367284_12251011.jpg


登場する事物を抽出した絵。

師匠の初夢ワークショップ_b0367284_12251443.jpg


自分の夢は、エゴや思い込みが入ってしまい、うまく受け取れない事も。
だからこそ、セッションやグループ・ワークが必要になります。

さて、ワークショップで紐解いた私の今年の初夢のメッセージはー。
「絵本を読む(見る?)様に楽しむ事」ですって。
私、実は本当の意味で楽しむと言う事が一番下手かもしれません。
つまらない人間でしょう?
私をよくご存知の方ならきっとわかると思います。

そして最後に、師から参加者一人一人にメッセージ・カードを頂きました。
私のカードには以下の様な言葉が・・・。


師匠の初夢ワークショップ_b0367284_12251921.jpg


「これからは 自分の 時間」
家にまつわる30年来の大仕事(カルマ?)を、ようやく終えようとしている事かしらと、
有り難く頂戴しました。


私自身が行う初夢ワークショップは2月18日火曜日10時半〜。
詳しくはこちらです。
















# by chinagii | 2020-01-23 13:04 | | Trackback | Comments(0)

赤ちゃんが話す夢

明日は夢療法の師、坂内慶子の初夢ワークショップです。
年末から年始にかけて、いくつか記憶に残る夢を見ましたが、
明日はどの夢をメインに取り上げようかと夢日記を繰っておりました。

ノートを見直していて、昨年の冬至にみた夢がシンプルで分かり易いと思ったので、
ちょっとここでご披露させて頂こうかと思い立ちました。
以下夢の内容です。

『夫と寝室に寝ている。
 ふと目が覚めて、赤ちゃん(男の子)がいたことを思い出し、抱き上げると
 まだ一歳にもならないというのに、私に向かって「みかん、みかん」と言う。
 びっくりしていると「ぶどう」と続ける。
 最後に「バナナ」と言う。』
(夢にはまだ少し続きもあるのですが、そこは割愛します。)


赤ちゃんが話す夢_b0367284_15303864.jpg



夢の赤ちゃんは、芽吹こうとしている新しい才能を意味します。
みかんは、自分を愛し大切にすること、あるいは再生の為の古い不要なものの手放し。
(一番最初に言われたのと、二回繰り返されているので最重要と受け取りました。)
ぶどうはこれまでの人生の収穫、自己批判せずに自分を評価する必要性。
最後のバナナは、インナーチャイルドの癒しの必要性。
この夢から、私が新しい才能を育てて進むには、これらの事が必要と受け取りました。
まさにこれらは、ここしばらく自分の中で必要と感じていることとぴったり符合するのです。

朝と晩、ポジティブなアファメーションを唱えたり、自分の体を優しい言葉と共にマッサージしたり、
自分の我儘で幼い部分に気付いたら、ヨシヨシしてあげたり。
こんな事くらいですが、毎日続けています。
そのせいか、自分の中で切り捨てようとしてきた繊細で感じやすい部分を、
少しずつ認められる様になってきたかもしれません。
皆さんも是非ご自分の夢から、ご自分の内においでの神様からのメッセージを受け取ってみて下さい。
きっと現実とのリンクに驚き、納得されますよ。


個人セッションはこちら
2月18日の初夢ワークショップはこちら


写真は4ヶ月の孫の麦です。


























# by chinagii | 2020-01-12 16:09 | | Trackback | Comments(0)

暦のこと

2020年、最初のblogです。
松の内が明けて遅ればせながらですが、新年おめでとうございます。

お正月は息子夫婦と4ヶ月の孫、妹と姪が泊まりに来て賑やかに過ごしておりました。
85歳の母も新年を迎える為、料理を作ったり、来客の準備をしたり。
仕事量とスピードは幾分落ちたものの、こまめに働く姿は、我が母ながら天晴れでございます。😳

さて、年が改まると掛け替えるカレンダーですが、我が家は家族の共有スペースに
家族の予定を書き込むタイプと二十四節気カレンダーの二つを掛けて使っています。
今年はさらに生活の簡素化を目指し、共有スペースは予定書き込み式のみにしてみました。

自室には、手帳の役割も兼ねさせようと写真のように書き込みできるシンプルなデザインの二十四節気カレンダーに
してみました。



暦のこと_b0367284_12445695.jpg


しかし、年が明けて数日で「やっぱりいつもの二十四節気カレンダーが必要!」という夫婦一致の見解に。

いつもの二十四節気カレンダーとは、(株)シーガルさんの正式名称『二十四節気・七十二候歳時記カレンダー』。
「月齢・旧暦・潮名・六曜・干支付き 四季折々の花鳥や菓子の絵多数」(疲れる・・・)という長い説明までが付いております。


暦のこと_b0367284_12444832.jpg



そもそも暦は天体の動きが源。
旧暦で季節の変わり目を確認して暮らしに取り入れる他に、
ドリームセラピーで夢を探求する助けや、占星術を確認したりするのにも
月齢の載っているカレンダーは、やはり我が家には必要でした。


さらにちょっとエグめの和風イラストに、季節感のある古の言葉や俳句なども散りばめられていて
ふと目をやった時、それが無いと何だか無味乾燥な雰囲気。
ワタシ的には、ぎりぎりインの美的感覚なのです。


暦のこと_b0367284_12444478.jpg


というわけで、結局年が明けてから、いつものこれをamazonで購入。
今朝、無事我が家に到着し、めでたく定位置に納まったのでした。
これでようやく新年がスタートした様な気にもなったりしております。
本年もどうぞ宜しくお願い致します!


























# by chinagii | 2020-01-08 13:42 | 毎日 | Trackback | Comments(0)

自分に価値を置くこと

今日はホームスタートの10周年記念フォーラムのお手伝いのはずだったのですが、
数日前から体調が思わしくなく、大事を取らせていただきました。残念・・・。

写真は、先週参加した地元のワイン仲間との忘年会です。
ワイン仲間の会なのに、私たち夫婦はノンアルコールでの参加。
のんべえ夫婦でしたが、何とか自分のペースを守れるようになりました。(エヘン!)
特に夫は、4月からずっとアルコールを取らずに頑張ってます。
これは、彼にしたら凄いことなのですよ。(と、ここで褒めておく、ガンバレ〜!)


自分に価値を置くこと_b0367284_11241260.jpg


店のマダムがノンアルコールでも楽しめるように、美しいグラスでサーブしてくれました。





自分に価値を置くこと_b0367284_11240731.jpg



ツリーの横には、ずらっとグラスが並びます。
他のみんなは、このグラス分ワインを飲まれました〜!!


飲まなくても、招んでくれる仲間に感謝。
ワインを楽しむ会なのに、ね。
ここに肩身の狭い思いをせずに参加できることは、
仲間の皆さんの受け入れてくださる気持ちが一番大きいのですが、
飲まない自分でいい、と思える自分の気持ちも大切。

さて本題。
「ありのままの自分を愛する」は、精神世界ではよく聞く言葉。
私なりに言い換えれば、「自分の存在そのものに価値を置くこと」かな。
居るだけで意味がある事なんだよ、あなたもみんなと同じ価値ある存在なんだよ、
ここに居ていいんだよ、みたいな。
ありのままで何の成長もしなくていいということとは少し違って、
社会生活を営む上での前提となる姿勢みたいなものと言えばいい?
例え出来ない事や不得意なことはあっても、存在そのものが意味があり、価値があるんだということ。

心理学で、自尊感情という言葉がありますが、自己肯定感、自分を大切に思えたり、好きだと思える気持ちのこと。
人と比較して優れているとかいないとかで感じるものでもありません。
この自尊感情がある程度高いと、前向きに経験を捉え、体験を積み重ねる事でさらに自信を持つことが出来たり、
物事を健全に捉え、自分のみならず、他者も受け入れることができるようになり、
人生を豊かに生きて行くことができると言われています。

日本人は相対的に低いと言われていますが、私の自尊感情はかなり低いものでした。
今でもあまり高いとは言えませんが、自分なりに色々探求して取り組みをすることで
少しずつ変えて行くことができるようにはなりました。

色々な要因が考えられますが、親との関わりは重要な事と捉えています。
だから、これからの育児には、この自尊感情を育てることがぜひとも必要だと。
どんな風にこの自尊感情を育てる関わり方を育児に取り入れて行くのかは、
勉強不足で、まだ具体的な方法まで知るに至っていませんが、(汗)
とりあえず、自分でやって来たことから、大人(親)にできるワークはあります。
まずはできる事を、という訳でセッションに取り入れて行くつもりです。

ニュースでの悲しい報道を見たり、自分の人生を振り返っても、
最近痛感しているのが、結局突き詰めると、この自尊感情は大きいかも!ということ。
日々を送る上で必ず付いて回るものですから。

人生色々大変だけど、様々な経験や出会いを栄養にして、自分を含めてみんなが
お金では買えない豊かさを増やして幸せになって行けたら、と思います。


自分に価値を置くこと_b0367284_11241871.jpg

帰りは綺麗な空でした。















# by chinagii | 2019-12-07 12:42 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
昨日は、家から徒歩で行ける光が丘のローカルなホテルで、幼馴染とランチをして来ました。
彼女とは小学校からの付き合いで、免許を取れば一緒に車でドライブしたり、
青春を共に楽しんだ思い出もたくさんです。


それぞれの近況をあれこれ話して、聞いて。
たまに会うからというのもあるし、記憶が怪しくなっているのもあるしで
「どこまで話したっけ?」「それ前も聞いたよ」なんて感じです。



幼馴染とランチ、そして悩めるママへ_b0367284_17400579.jpg


妊娠、出産、子育て中も、彼女は先輩ママとして色々教えてくれて。
同じ年に子供ができて、産院に一緒に通った事もありました。




幼馴染とランチ、そして悩めるママへ_b0367284_17395500.jpg



私は子育て中、有難いことに母や祖母が近くで助けてくれました。
そんな恵まれた私でも性格的な問題もあって、育児はやはり悩ましく、大変な思い出も多いのです。
家族には逆に話しにくいこともあったり、肉親ゆえに距離の取り方が難しかったり。
社交的ではない私にとって、だから幼馴染の存在はとても有難かった・・・。

けれど、誰もにサポートしてくれる存在がいるわけではありませんよね。





幼馴染とランチ、そして悩めるママへ_b0367284_17400650.jpg


光が丘のこの大きな団地群。
この中で孤立無援で育児をして悩んでいるママが、どれくらい居るんでしょう。
孤立無援でなくても、一杯一杯な時もあるものです。

母親を孤立させては絶対に良い未来は来ない、と思っています。
産後鬱や虐待などにならないためにも
ほんの少しでもママたちの助けになれたら、と思うのです。

12月から傾聴のボランティアを始めます。





  ・・・・・・・・ママのための傾聴ボランティア・・・・・・・・


子育ては人生における大仕事。ママは一生懸命やっています。でもね、子育ては悩み多きもの。一人じゃ大変だし、家にこもりがちになったり、戸惑う事もたくさんありますよね。そんな心のうちを正直に話してみませんか。話していくうちに気持ちが整理されたり、心が少し軽くなったりする事もあるでしょう。お話しされた内容、個人情報は口外せず秘密は厳守いたします。子育てには、ママの心の安定が何より大切。子供のことを思っている、それだけで十分すごいことなのです。少しでも、そんなママたちの助けになれますように。

ママでなくても、傾聴を必要とされる方はぜひどうぞ。


こんなことで悩んでいませんか?

「育児の大変さは想像以上だった」

「理想の母親像と程遠い自分に自信が持てない」

「社会から取り残されている感じがする」       

「孤独を感じている」

「たまには子供以外の誰かとおしゃべりしたい」    

「もう一杯一杯、ともかく話を聞いて欲しい!」

「このままの自分でいいのか不安」          

「周りに大変さを理解してもらえない」

「家族との関係がうまくいかない」          

「これから仕事と育児のバランスが心配」

「人と繋がりたいけど、人付き合いが苦手で踏み出せない」などなど。


日時:2019年12月14日(土)・2020年1月11日(土)

2010年2月8日(土)(毎月 第2土曜日 3月以降は未定) 

11時~15時 (お一人30~40分程度) 予約制


*お電話か、こちらのblogのコメントからご予約下さい。


場所:楽膳倶楽部 旭町ハウス

東京都練馬区旭町1−31−4  

tel 03―6915―6300

https://www.rakuzenkurabu.jp





















# by chinagii | 2019-11-21 18:17 | 毎日 | Trackback | Comments(0)