自分に価値を置くこと

今日はホームスタートの10周年記念フォーラムのお手伝いのはずだったのですが、
数日前から体調が思わしくなく、大事を取らせていただきました。残念・・・。

写真は、先週参加した地元のワイン仲間との忘年会です。
ワイン仲間の会なのに、私たち夫婦はノンアルコールでの参加。
のんべえ夫婦でしたが、何とか自分のペースを守れるようになりました。(エヘン!)
特に夫は、4月からずっとアルコールを取らずに頑張ってます。
これは、彼にしたら凄いことなのですよ。(と、ここで褒めておく、ガンバレ〜!)


b0367284_11241260.jpg


店のマダムがノンアルコールでも楽しめるように、美しいグラスでサーブしてくれました。





b0367284_11240731.jpg



ツリーの横には、ずらっとグラスが並びます。
他のみんなは、このグラス分ワインを飲まれました〜!!


飲まなくても、招んでくれる仲間に感謝。
ワインを楽しむ会なのに、ね。
ここに肩身の狭い思いをせずに参加できることは、
仲間の皆さんの受け入れてくださる気持ちが一番大きいのですが、
飲まない自分でいい、と思える自分の気持ちも大切。

さて本題。
「ありのままの自分を愛する」は、精神世界ではよく聞く言葉。
私なりに言い換えれば、「自分の存在そのものに価値を置くこと」かな。
居るだけで意味がある事なんだよ、あなたもみんなと同じ価値ある存在なんだよ、
ここに居ていいんだよ、みたいな。
ありのままで何の成長もしなくていいということとは少し違って、
社会生活を営む上での前提となる姿勢みたいなものと言えばいい?
例え出来ない事や不得意なことはあっても、存在そのものが意味があり、価値があるんだということ。

心理学で、自尊感情という言葉がありますが、自己肯定感、自分を大切に思えたり、好きだと思える気持ちのこと。
人と比較して優れているとかいないとかで感じるものでもありません。
この自尊感情がある程度高いと、前向きに経験を捉え、体験を積み重ねる事でさらに自信を持つことが出来たり、
物事を健全に捉え、自分のみならず、他者も受け入れることができるようになり、
人生を豊かに生きて行くことができると言われています。

日本人は相対的に低いと言われていますが、私の自尊感情はかなり低いものでした。
今でもあまり高いとは言えませんが、自分なりに色々探求して取り組みをすることで
少しずつ変えて行くことができるようにはなりました。

色々な要因が考えられますが、親との関わりは重要な事と捉えています。
だから、これからの育児には、この自尊感情を育てることがぜひとも必要だと。
どんな風にこの自尊感情を育てる関わり方を育児に取り入れて行くのかは、
勉強不足で、まだ具体的な方法まで知るに至っていませんが、(汗)
とりあえず、自分でやって来たことから、大人(親)にできるワークはあります。
まずはできる事を、という訳でセッションに取り入れて行くつもりです。

ニュースでの悲しい報道を見たり、自分の人生を振り返っても、
最近痛感しているのが、結局突き詰めると、この自尊感情は大きいかも!ということ。
日々を送る上で必ず付いて回るものですから。

人生色々大変だけど、様々な経験や出会いを栄養にして、自分を含めてみんなが
お金では変えない豊かさを増やして幸せになって行けたら、と思います。


b0367284_11241871.jpg

帰りは綺麗な空でした。















# by chinagii | 2019-12-07 12:42 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
昨日は、家から徒歩で行ける光が丘のローカルなホテルで、幼馴染とランチをして来ました。
彼女とは小学校からの付き合いで、免許を取れば一緒に車でドライブしたり、
青春を共に楽しんだ思い出もたくさんです。


それぞれの近況をあれこれ話して、聞いて。
たまに会うからというのもあるし、記憶が怪しくなっているのもあるしで
「どこまで話したっけ?」「それ前も聞いたよ」なんて感じです。



b0367284_17400579.jpg


妊娠、出産、子育て中も、彼女は先輩ママとして色々教えてくれて。
同じ年に子供ができて、産院に一緒に通った事もありました。




b0367284_17395500.jpg



私は子育て中、有難いことに母や祖母が近くで助けてくれました。
そんな恵まれた私でも性格的な問題もあって、育児はやはり悩ましく、大変な思い出も多いのです。
家族には逆に話しにくいこともあったり、肉親ゆえに距離の取り方が難しかったり。
社交的ではない私にとって、だから幼馴染の存在はとても有難かった・・・。

けれど、誰もにサポートしてくれる存在がいるわけではありませんよね。





b0367284_17400650.jpg


光が丘のこの大きな団地群。
この中で孤立無援で育児をして悩んでいるママが、どれくらい居るんでしょう。
孤立無援でなくても、一杯一杯な時もあるものです。

母親を孤立させては絶対に良い未来は来ない、と思っています。
産後鬱や虐待などにならないためにも
ほんの少しでもママたちの助けになれたら、と思うのです。

12月から傾聴のボランティアを始めます。





  ・・・・・・・・ママのための傾聴ボランティア・・・・・・・・


子育ては人生における大仕事。ママは一生懸命やっています。でもね、子育ては悩み多きもの。一人じゃ大変だし、家にこもりがちになったり、戸惑う事もたくさんありますよね。そんな心のうちを正直に話してみませんか。話していくうちに気持ちが整理されたり、心が少し軽くなったりする事もあるでしょう。お話しされた内容、個人情報は口外せず秘密は厳守いたします。子育てには、ママの心の安定が何より大切。子供のことを思っている、それだけで十分すごいことなのです。少しでも、そんなママたちの助けになれますように。

ママでなくても、傾聴を必要とされる方はぜひどうぞ。


こんなことで悩んでいませんか?

「育児の大変さは想像以上だった」

「理想の母親像と程遠い自分に自信が持てない」

「社会から取り残されている感じがする」       

「孤独を感じている」

「たまには子供以外の誰かとおしゃべりしたい」    

「もう一杯一杯、ともかく話を聞いて欲しい!」

「このままの自分でいいのか不安」          

「周りに大変さを理解してもらえない」

「家族との関係がうまくいかない」          

「これから仕事と育児のバランスが心配」

「人と繋がりたいけど、人付き合いが苦手で踏み出せない」などなど。


日時:2019年12月14日(土)・2020年1月11日(土)

2010年2月8日(土)(毎月 第2土曜日 3月以降は未定) 

11時~15時 (お一人30~40分程度) 予約制


*お電話か、こちらのblogのコメントからご予約下さい。


場所:楽膳倶楽部 旭町ハウス

東京都練馬区旭町1−31−4  

tel 03―6915―6300

https://www.rakuzenkurabu.jp





















# by chinagii | 2019-11-21 18:17 | 毎日 | Trackback | Comments(0)

やさしい日本語が一番

今日はホームビジターのスキルアップ・プログラムに参加して来ました。
今回は『外国にルーツを持つ家庭への支援のために』というもの。
つまり増加傾向にある外国人家庭への支援についてです。

習慣やシステムの全く異なる外国で、妊娠し、出産し、子育てをする。
その苦労やストレスは想像に難くありませんよね。

外国人家庭というと、まず言葉の問題が浮かぶと思いますが
一番役に立つのが`やさしい日本語`だそう。
ついつい英語をイメージしがちですが、
日本に暮らす外国人が母国語以外に一番できる言語は、やさしい日本語なんですって。
66%が簡単な日本語会話ができるとか。

やさしい日本語とはどんなものかや、相手と向き合う時の注意点など
色々お話を伺って来ました。




b0367284_22083865.jpg




一緒に講座を受けた同級生とも約2ヶ月ぶりに会うことができ、ちょっと嬉しかったです。

12月7日(土)には、ホームスタート10周年記念フォーラムもあります。
私も午前中は、わくわくの雑貨屋でお手伝いをする予定です。
一般の方も申し込みをすれば参加できますので、ご興味をお持ちの方はいかがですか。






































# by chinagii | 2019-11-18 22:18 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

夢の泉

夢の勉強を始めて10年位経ちます。
先日、夢療法の師匠に個人セッションをしていただいた夢では
泉が出てきました。


師匠の夢辞典『夢は神様からの最高のシグナル』で泉を引くと、こうあります。
’命は枯れたことも枯れることもありません。感情を感じなくなっているので、泉を見て自分を取り戻し、
命を感じるようにという夢からの配慮です。夢の泉の直接的な意味は瞑想ですが、実際に泉の傍に行ってみましょう。
感情が立ち上るのを覚え、元気になるでしょう。’

「泉に行ってみたい」そう思いましたが、
東京に暮らしていると、泉と言ってもそうそうありません。
水場ですら、限られているのです。

そこで、ひとまず歩いていける石神井公園の池。

久しぶりに行ったら、ここもなかなかいい所です。
きれいな水とは言えないまでも、水の近くにくると、気持ちがゆったりします。



b0367284_16520046.jpg



そして今日、ヨガの先生のメールにヒントを得て、そう遠くない湧水地、新座の妙音沢へ。
残念ながら泉ではなく、川のようでしたが、平成の名水百選に選ばれているだけあって、水は綺麗です。


b0367284_17073713.jpg




b0367284_16515214.jpg






夢の泉では、木の葉が水面に落ち、周囲の木に蜘蛛の巣も張っていたことを思い出しました。

夢では、昔したように泉に入って泳ぎたかったので、息子を誘うのですが、
スルーされて入らず仕舞いでした。
目が覚めて思ったのは、泉に入っておけば良かった!
泉には木の葉が浮かび、周りの木には蜘蛛の巣が張っていたので
入るのを躊躇したのです。



b0367284_16515570.jpg


蜘蛛の巣発見!↑
写真に撮りましたが、はっきり分かりませんね。





夢を見た日の数日後、絵を描いてみました。
夢のその後の続きの絵です。
泉に入って、蜘蛛の巣を木の小枝で払っている絵です。

自分で張った蜘蛛の巣(自分の思い込みや枠)に囚われて、巣の中だけの世界で身動き取れなくなっている自分。
それを木の小枝ほどのわずかな勇気と行動力で払えるよ、と夢に勇気付けられました。



その夢があって、傾聴のボランティアに踏み出しました。


傾聴の打ち合わせで、たまたま夢の話をした所、
夢に興味を持たれた方がいて、
来年、初夢ワークショップをやるお話もいただきました。
また決まったら、こちらでもお知らせします。
夢って面白いでしょ?





























# by chinagii | 2019-11-17 17:20 | | Trackback | Comments(0)
12月14日(土)より来年2月まで、第2土曜日の11時から15時の間、
子育て中のママのための傾聴ボランティアをさせて頂くことになりました。

楽膳倶楽部 旭町ハウスでは、毎週土曜日に子育て中のママの為のママ・カフェというのをやっていて
第2土曜日だけ、その時に別室でお話を伺う形です。
どなたでも500円で美味しい手作りのランチが食べられます。
もちろん傾聴だけにいらしても大丈夫です。



b0367284_15245407.jpg
                ウォーキング・コースの道しるべ


元々楽膳倶楽部は、男性のための料理教室や、お年寄りのための食事のサービスがメインでしたが、
子ども食堂や色々なワークショップ、ママ・カフェやママ・カレッジなど多彩に活動を広げられています。
場所は光が丘公園のすぐ近くで、お年寄りやママでなくても、誰でも自由に利用できるんですよ。
どんな所なのか、ぜひ一度遊びにいらしてください。







          *ママのための傾聴ボランティア*


子育ては人生における大仕事。ママは一生懸命やっています。でもね、子育ては悩み多きもの。一人じゃ大変だし、家にこもりがちになったり、戸惑う事もたくさんありますよね。そんな心のうちを正直に話してみませんか。話していくうちに気持ちが整理されたり、心が少し軽くなったりする事もあるでしょう。お話しされた内容、個人情報は口外せず秘密は厳守いたします。子育てには、ママの心の安定が何より大切。子供のことを思っている、それだけで十分すごいことなのです。少しでも、そんなママたちの助けになれますように。

ママでなくても、傾聴を必要とされる方は是非どうぞ。


こんなことで悩んでいませんか?

「育児の大変さは想像以上だった」

「理想の母親像と程遠い自分に自信が持てない」

「社会から取り残されている感じがする」       

「孤独を感じている」

「たまには子供以外の誰かとおしゃべりしたい」    

「もう一杯一杯、ともかく話を聞いて欲しい!」

「このままの自分でいいのか不安」          

「周りに大変さを理解してもらえない」

「家族との関係がうまくいかない」          

「これから仕事と育児のバランスが心配」

「人と繋がりたいけど、人付き合いが苦手で踏み出せない」などなど。


日時:2019年12月~2020年2月 第2土曜日(3月以降は未定) 

   11時~15時 (お一人30~40分程度) 予約制


*料金はかかりません。


連絡先:東京都練馬区旭町1−31−4  tel 03−6915−6300

















# by chinagii | 2019-11-15 15:54 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)