暦のこと

2020年、最初のblogです。
松の内が明けて遅ればせながらですが、新年おめでとうございます。

お正月は息子夫婦と4ヶ月の孫、妹と姪が泊まりに来て賑やかに過ごしておりました。
85歳の母も新年を迎える為、料理を作ったり、来客の準備をしたり。
仕事量とスピードは幾分落ちたものの、こまめに働く姿は、我が母ながら天晴れでございます。😳

さて、年が改まると掛け替えるカレンダーですが、我が家は家族の共有スペースに
家族の予定を書き込むタイプと二十四節気カレンダーの二つを掛けて使っています。
今年はさらに生活の簡素化を目指し、共有スペースは予定書き込み式のみにしてみました。

自室には、手帳の役割も兼ねさせようと写真のように書き込みできるシンプルなデザインの二十四節気カレンダーに
してみました。



暦のこと_b0367284_12445695.jpg


しかし、年が明けて数日で「やっぱりいつもの二十四節気カレンダーが必要!」という夫婦一致の見解に。

いつもの二十四節気カレンダーとは、(株)シーガルさんの正式名称『二十四節気・七十二候歳時記カレンダー』。
「月齢・旧暦・潮名・六曜・干支付き 四季折々の花鳥や菓子の絵多数」(疲れる・・・)という長い説明までが付いております。


暦のこと_b0367284_12444832.jpg



そもそも暦は天体の動きが源。
旧暦で季節の変わり目を確認して暮らしに取り入れる他に、
ドリームセラピーで夢を探求する助けや、占星術を確認したりするのにも
月齢の載っているカレンダーは、やはり我が家には必要でした。


さらにちょっとエグめの和風イラストに、季節感のある古の言葉や俳句なども散りばめられていて
ふと目をやった時、それが無いと何だか無味乾燥な雰囲気。
ワタシ的には、ぎりぎりインの美的感覚なのです。


暦のこと_b0367284_12444478.jpg


というわけで、結局年が明けてから、いつものこれをamazonで購入。
今朝、無事我が家に到着し、めでたく定位置に納まったのでした。
これでようやく新年がスタートした様な気にもなったりしております。
本年もどうぞ宜しくお願い致します!


























トラックバックURL : https://chinagiii.exblog.jp/tb/29867986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chinagii | 2020-01-08 13:42 | 毎日 | Trackback | Comments(0)