赤ちゃんが話す夢

明日は夢療法の師、坂内慶子の初夢ワークショップです。
年末から年始にかけて、いくつか記憶に残る夢を見ましたが、
明日はどの夢をメインに取り上げようかと夢日記を繰っておりました。

ノートを見直していて、昨年の冬至にみた夢がシンプルで分かり易いと思ったので、
ちょっとここでご披露させて頂こうかと思い立ちました。
以下夢の内容です。

『夫と寝室に寝ている。
 ふと目が覚めて、赤ちゃん(男の子)がいたことを思い出し、抱き上げると
 まだ一歳にもならないというのに、私に向かって「みかん、みかん」と言う。
 びっくりしていると「ぶどう」と続ける。
 最後に「バナナ」と言う。』
(夢にはまだ少し続きもあるのですが、そこは割愛します。)


赤ちゃんが話す夢_b0367284_15303864.jpg



夢の赤ちゃんは、芽吹こうとしている新しい才能を意味します。
みかんは、自分を愛し大切にすること、あるいは再生の為の古い不要なものの手放し。
(一番最初に言われたのと、二回繰り返されているので最重要と受け取りました。)
ぶどうはこれまでの人生の収穫、自己批判せずに自分を評価する必要性。
最後のバナナは、インナーチャイルドの癒しの必要性。
この夢から、私が新しい才能を育てて進むには、これらの事が必要と受け取りました。
まさにこれらは、ここしばらく自分の中で必要と感じていることとぴったり符合するのです。

朝と晩、ポジティブなアファメーションを唱えたり、自分の体を優しい言葉と共にマッサージしたり、
自分の我儘で幼い部分に気付いたら、ヨシヨシしてあげたり。
こんな事くらいですが、毎日続けています。
そのせいか、自分の中で切り捨てようとしてきた繊細で感じやすい部分を、
少しずつ認められる様になってきたかもしれません。
皆さんも是非ご自分の夢から、ご自分の内においでの神様からのメッセージを受け取ってみて下さい。
きっと現実とのリンクに驚き、納得されますよ。


個人セッションはこちら
2月18日の初夢ワークショップはこちら


写真は4ヶ月の孫の麦です。


























トラックバックURL : https://chinagiii.exblog.jp/tb/29873387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chinagii | 2020-01-12 16:09 | | Trackback | Comments(0)