カテゴリ:健康・美容( 2 )

ファンデーション考

お化粧について思うこと。
ファンデーションってマスト?
もっと素肌感を出してメイクしても面白いんじゃない?って。
あくまでも個人的な意見ですが。



b0367284_14080627.jpg



さらに言えば、もっと自分の素顔を信頼しようではありませんか、と提案したい。
一昔前の、平均的な美しさに近づけようとする考え方は辛かったし、
自分の個性を生かすという今の時代の発想の方が、ポジティブで素敵だと思います。
どうしても隠したい部分があるなら、コンシーラー部分使いをしたり。
みんなそれぞれの肌の個性があっていいよね、と
そばかすっ子でキメも細かくない私が、あえて書きます!
(ちなみに色ムラも、シワもシミもあります)
あくまでもスキンケアと日焼け止め+αの身だしなみレベルのメイクが日常の私ですが、
隠すというより、いいところや個性をうまく引き出す工夫をすることが
メイクの楽しみ、醍醐味だと思っています。
そんな訳で、基本的に自分ではメイクを楽しんでいる、と思っています。
(上手、下手という事ではなく、ね)
化粧をしたくない時も、しない時もありますけどね。


肌の質感、キメ、色調などは個人によって全く違うし、感じ方だって千差万別、一概には言えません。
ファンデーションを使わざるを得ない事情がある方もいるでしょう。
もしかしたら、ファンデがライナスの毛布だってこともあるかもしれない。
それはそれでOK。
人様のメイクを見ていて、ファンデーションを塗った肌がキレイだな、
似合っているなと感じることだって多々あります。
凝ったメイクが素敵で、思わず見惚れちゃう方だっています。
ここまで書いておいてナンですが、
ある意味、お化粧は自己満足だとも思っているので、自由に好きな様にすればいいんです。
勿論しなくたっていいし。
それを前提に、でも、あえて言わせて頂くなら、
ファンデを省いて素肌感を大切にしたメイクは、ちょっとセンシュアルだと思います。
その人を、ある意味、ありのまま生々しく感じることができるから。
素肌感=ノーメイクということでもなくね。
どこで手を止めるのか、もどかしく、難しくも、面白い。
私としては、化粧をしてもノーメイクに見られれば大成功、という変な価値観の持ち主。

これは、あくまでも感じ方の問題。
ですから、ただ私がそう感じるだけと言う趣味のお話でした。



b0367284_14343872.jpg




私は基本的にオーガニック・コスメ(ノン・ケミカル・コスメ?)が好きです。
店をしている時、扱っていたのもそうでした。
やはり、全て石鹸で落とせるのもいい。
夏場だけ薄く使うパウダーは、シルクとセリサイトを混ぜた手作りです。
いくらキレイに見せる効果があっても、合成ポリマーや合成界面活性剤は
肌にのせたくないのです。

参考にしているのはこちらの美容 blog
あくまでも参考、ですが。
そして、好きなメイク・アップ・アーティストは、草場妙子さんです。






















by chinagii | 2019-08-08 10:54 | 健康・美容 | Trackback | Comments(0)

髪のこと

40代半ばくらいから白髪が出始めました。
私は全く気にしないで自然のままにしていたのですが、
母から再三何とかするように言われ、閉口しました。

母は80歳を超えた今でも、白髪染めを欠かしません。
なのに娘は放ったらかし。気になって仕方がなかったのでしょうね。
あまりにうるさく言われ、私も根が素直なこともあって|( ̄3 ̄)|
根負けし、しばらくヘナで染めていました。

ヘナは白髪がオレンジ色に染まるので、毎週繰り返し染めるように勧められ、
(重ね染めすると色が濃くなり、オレンジ色の違和感が緩和する)
月に2回は美容院で、後は自分で染めていました。
頑張っていましたよ〜!!でも、もうギブアップ。
もともと若さに固執するタイプでもないので、白髪で行こうと決めました。

駅の地下通路でお見かけした白髪まじりのロング・ヘアが素敵な女性↓
60代半ばでしょうか?

b0367284_09482838.jpg




50代になり、ベリー・ショートにした友人↓潔くてカッコいい!

b0367284_09475227.jpg

問題は途中の過程。


b0367284_09491206.jpg

上の写真、分け目の髪の根元がくっきり白くなっています。
禿げているのではありませんよ!(笑)
染めをやめるなら通らなければならない過程ですが、なんだか気になります。

そこで美容師でもあるお洒落友達(略してオシャ友)に相談。
彼女も私と価値観が似ているので、白髪賛成派です。
しばらくグレーのヘア・マニキュアでグラデーションをつけながら、なじませる作戦を考えてくれました。


b0367284_09494140.jpg

数ヶ月間マニキュアをしてもらいましたが、オーガニックのヘナで染めていた私には、
マニキュアのような化学薬品がどうも違和感があります。

普通のケミカルな染毛剤に入っているジアミン、アミノフェノール、レゾルシンなどは
身体へ悪影響があると言われていますし、マニキュアと言えど、気になります。

実際、数ヶ月間でしたが、マニキュアをしたら、抜け毛がひどく、コシもなくなりました。

で、結局やめて半年くらいたった今はこんな感じです。↓光の加減でわかりづらいですが。


b0367284_09483676.jpg


ヘナ染めのいい所は、髪にコシとツヤが出る事です。
純度の高い、新鮮なヘナを選ぶ事が前提ですが。

白髪を染める事はやめましたが、今は、コシとツヤを取り戻すため
ヘナと同じような効果のある、無色のハーブのトリートメントを月に1〜2回。
面倒臭いので自分ではやらず、件の美容師さんのところに自らハーブを持参して配合し、塗ってもらっています。
気持の面でも手間の面でも、ヘナよりかなり楽になりました。
そして今は、白髪まじりの髪が気に入っています。


オーガニックのヘナとハーブのトリートメントはこちらで買えます。











by chinagii | 2017-01-20 10:53 | 健康・美容 | Trackback | Comments(0)