カテゴリ:ふれあい( 4 )

先輩たち

うちは夫が年下のため、自分より年齢の若い人とお付き合いする事が結構多いのですが、
この頃、面白いことに、自分より年上の先輩方と交流する機会が増えています。

それが、なかなかどなたも面白い方達で。

私は今57歳ですが、これから先は、漠然と人生の夕暮れ時のようなイメージを抱いていたかも・・・。
しかし、魅力的な先輩の皆さんを見て、長い人生、これからかも、とも感じるようになりました。

信長の生きた人生50年の時代ではなく、今は100歳の時代。
自分を大切にして、残りの人生、いえ、これからの人生を面白く生きたいという思いも少し湧いてきました。


b0367284_09354065.jpg



昨日は銀座に映画『フジコ・ヘミングの時間』を見に行きました。
ご存知のように、フジコさんにスポットライトが当たったのは60歳を過ぎてから。
映画の中でご本人が語っているように、ままならぬ人生に、自分の出番は天国だと思っていたとのこと。





b0367284_09353413.jpg


少し前に見た『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ  ーアディオスー』でも、
長いこと表舞台に立てなかった老ミュージシャンが語っていました。
多くは10代や20代で有名になるが、まさか90歳の自分にスポットライトが当たるとは、と。

人生って予測不能。
勿論、ドラマチックな事が起こらない、平凡というのも全然アリで。

若い頃は、私はこうなりたいという自我も強かったですが、私の場合、ほとんど思うようになんてなりませんでした。
(己を知らず、夢と現実が乖離していたというのはありますが。笑)
苦しい事が多くて、人と比べて「どうして?」と思う事ばかり。
恵まれている事もあったはずなのに、そこよりマイナス面に目が行きがちでした。
苦しくてもがいて、何とかしようとしてばかりいたように思います。
現実が受け入れられなかったのですね。


でも、もうこれからは、もっと肩の力を抜いて生きたいのです。
自我やコントロールというオールを手放して、流れに身を任せてみたい。
大成なんてしなくていいのです。
ただ自分に正直ではありたい。(これがちょっと難しいのですが)
できる事なら、自己欺瞞を一切やめたいのです。

そして、若いうちは神様の定められた人生に、なかなかyesと言えなかったけれど、
これからは例えどんな人生でも、yesと言いたいのです。

今までの自分を変えるのは、そう簡単ではないかもしれませんが、
でも、そうしていきたい。





b0367284_09354545.jpg






それにしても、映画に出てくるフジコさん、とってもお洒落だったし、
世界の色々な場所にお持ちの家のインテリアは、どこも全て素敵だったなぁ〜。

何もかも、全てがフジコさんでした。
それがとても素敵な事だと思ったのでした。





















by chinagii | 2018-09-08 10:22 | ふれあい | Trackback | Comments(0)

写真展と瞑想

お世話になっている弁護士先生の写真展に行って来ました。


b0367284_10440673.jpg



いつも写真展の案内を頂くので、何度か拝見に伺っているのですが、
今回は、頂いたチラシのブッダの写真にも惹かれて。
なんと表現したら良いのかわかりませんが、いつもと少し違う印象です。
いつもより私の心に響く感じ。
今回はいつもと少し違う・・・そんな直感です。

係争中の案件について、お伝えしておきたい私の気持ちもあり、
都合がついた初日に伺いました。

70代の温厚な弁護士先生、いつも個展のテーマは、おそらく先生のライフワークである仏教なのですが、
今回はスリランカ独立70年という事で、スリランカ仏教の写真展です。
きっと人間というものや、心の問題にも理解がおありだろうと拝察していましたが、
そういった話題にまで踏み込んでお話しした事は、残念ながら、今まで全くありませんでした。

はじめに、会場の壁に掛けられた挨拶文を読んでいたら、文中にアルボムッレ・スマナサーラ長老のお名前が。
瞑想の指導もされているスマナサーラ長老のご本は、以前、数冊読んだ事がありました。

そこで、長老の話題から、毎朝の瞑想の話題になり。
今までこんなお話をしたことはありませんでしたが、急に先生との距離が近づきました。
お伝えしたいことも自然に話す事ができて。



b0367284_10441394.jpg


気持ちもスッキリしたと同時に、ホッと温かい安心した気持ちにもなりました。



b0367284_10443245.jpg



















by chinagii | 2018-07-10 11:25 | ふれあい | Trackback | Comments(0)

水玉のコースター

谷中、根津、千駄木あたりの通称『谷根千』に、たまに出かけて行きます。
セミオーダーのシャツのおみせ dou douのオーナーの葉子ちゃんは、夫の学生時代の友人で、
そこを訪ねたのがきっかけです。
dou douに通ううち、お隣のお店classicoのオーナー、高橋さんとも親しくなり、
『四葉会』という名の会を作って、時々食事をご一緒したりしています。


彼らのお店のある谷中の通りで、店主さん達が集まって通りに名前をつけようということになり、
何か案はないかと相談された事があります。
とっさに思いつきで「ぽつぽつとお店が点在する通りだから水玉通りは?」などど言ったことがありました。
その後、店主さん達と町会の方達の話し合いを経て、通りの名前は『谷中キッテ通り』
(郵便局があるので)と決まったそうですが、通りで開かれるイベントに『水玉市』の名が採用されました。


昨日、案を出したお礼にと、dou douの水玉のコースターを頂きました。


b0367284_14224466.jpg

裏地はリネンです。
ちょうどコースターを新調したいと思っていた我が家にはタイムリー!
嬉しい贈り物をいただきました。


b0367284_14223373.jpg

次回『水玉市』は、10月7日(土)・8日(日)11時から16時までです。
飲み物や食べ物の販売、フリーマーケット、ワークショップや一部商品の値引きなどがあるようですよ。
ご興味のある方は、ぜひ遊びにお出かけください。

お寺の多い風情のある下町に、素敵だったりおもしろかったりのお店が点在しています。
あちらの路地、こちらの路地と散策してみるのも楽しいですよ。





















by chinagii | 2017-09-21 15:10 | ふれあい | Trackback | Comments(0)

お呼ばれ

昨日は雨でしたが、月一のクリパル・ヨガのクラスへ。
終了後、お近づきになった先生ご夫婦のおうちへお呼ばれしました。


今は皆、忙しかったり、色々ご事情があったりで、なかなかおうちに呼ばれる事も少ないですが、
人様の家に上げていただくと、その方の内面に一歩踏み込んで知る事が出来ますし、
勉強になります。
逆にいらしていただくと、いつもよりは念入りに掃除や片付けをするので家がきれいになるし、
お客様の事を考えて、色々セッティングをするのも楽しいし、
日々はほとんど一汁一菜の私ですが(苦笑)、お料理のレパートリーも広がります。


b0367284_10181371.jpg


入ってすぐの玄関脇には、ヨーロッパ風なガラスのアンティークやレースが飾られています。

インテリアは、住む人らしさが現れてとても興味深いもの。
どうやら先生は、ちょっぴりジャンクの入った西洋アンティークがお好みのご様子。


b0367284_10181840.jpg

テーブル・セッティングも、お料理も美しく、美味しく、
野菜一杯なのも嬉しい・・・。

b0367284_10182268.jpg

今回、こうしておうちに呼んでいただいた経緯はというと・・・


生徒が私と先生のご夫君の2人だけだったクラスがたまたま2回ほど続いたことがあります。
1度目はパーク・ヨガの日で、終了後、そのまま公園でのピクニック・ランチに誘っていただいて
3人で色々おしゃべりし、お近づきになりました。
さらに2度目はうちの夫もクラスに誘っていただき、夫はその時初対面にもかかわらず、
終了後は教室から近い我が家に遊びに来ていただいて。

お話しするうち、隣の駅にあるうちの親戚のマンションにお住まいという事や、
アンティーク好きという共通点がわかりました。
ご縁と言うのは面白いです。

さらに今回、刺繍好きという共通点もわかって。

b0367284_10182687.jpg

壁には作品が飾られています。
私はまだ完成した作品がほとんどない有り様なので、刺繍好きのうちに入らないですわ。(笑)


夕方、雨でしたが、ゆっくり歩いて20分で自宅到着。
ご近所さんであるのも、嬉しいことでした。


















by chinagii | 2017-09-18 11:23 | ふれあい | Trackback | Comments(0)

こころとお洒落と日常のあれこれ


by naggystardust
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30