カテゴリ:セッション・ワーク( 15 )

やさしい日本語が一番

今日はホームビジターのスキルアップ・プログラムに参加して来ました。
今回は『外国にルーツを持つ家庭への支援のために』というもの。
つまり増加傾向にある外国人家庭への支援についてです。

習慣やシステムの全く異なる外国で、妊娠し、出産し、子育てをする。
その苦労やストレスは想像に難くありませんよね。

外国人家庭というと、まず言葉の問題が浮かぶと思いますが
一番役に立つのが`やさしい日本語`だそう。
ついつい英語をイメージしがちですが、
日本に暮らす外国人が母国語以外に一番できる言語は、やさしい日本語なんですって。
66%が簡単な日本語会話ができるとか。

やさしい日本語とはどんなものかや、相手と向き合う時の注意点など
色々お話を伺って来ました。




b0367284_22083865.jpg




一緒に講座を受けた同級生とも約2ヶ月ぶりに会うことができ、ちょっと嬉しかったです。

12月7日(土)には、ホームスタート10周年記念フォーラムもあります。
私も午前中は、わくわくの雑貨屋でお手伝いをする予定です。
一般の方も申し込みをすれば参加できますので、ご興味をお持ちの方はいかがですか。






































by chinagii | 2019-11-18 22:18 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)
12月14日(土)より来年2月まで、第2土曜日の11時から15時の間、
子育て中のママのための傾聴ボランティアをさせて頂くことになりました。

楽膳倶楽部 旭町ハウスでは、毎週土曜日に子育て中のママの為のママ・カフェというのをやっていて
第2土曜日だけ、その時に別室でお話を伺う形です。
どなたでも500円で美味しい手作りのランチが食べられます。
もちろん傾聴だけにいらしても大丈夫です。



b0367284_15245407.jpg
                ウォーキング・コースの道しるべ


元々楽膳倶楽部は、男性のための料理教室や、お年寄りのための食事のサービスがメインでしたが、
子ども食堂や色々なワークショップ、ママ・カフェやママ・カレッジなど多彩に活動を広げられています。
場所は光が丘公園のすぐ近くで、お年寄りやママでなくても、誰でも自由に利用できるんですよ。
どんな所なのか、ぜひ一度遊びにいらしてください。







          *ママのための傾聴ボランティア*


子育ては人生における大仕事。ママは一生懸命やっています。でもね、子育ては悩み多きもの。一人じゃ大変だし、家にこもりがちになったり、戸惑う事もたくさんありますよね。そんな心のうちを正直に話してみませんか。話していくうちに気持ちが整理されたり、心が少し軽くなったりする事もあるでしょう。お話しされた内容、個人情報は口外せず秘密は厳守いたします。子育てには、ママの心の安定が何より大切。子供のことを思っている、それだけで十分すごいことなのです。少しでも、そんなママたちの助けになれますように。

ママでなくても、傾聴を必要とされる方は是非どうぞ。


こんなことで悩んでいませんか?

「育児の大変さは想像以上だった」

「理想の母親像と程遠い自分に自信が持てない」

「社会から取り残されている感じがする」       

「孤独を感じている」

「たまには子供以外の誰かとおしゃべりしたい」    

「もう一杯一杯、ともかく話を聞いて欲しい!」

「このままの自分でいいのか不安」          

「周りに大変さを理解してもらえない」

「家族との関係がうまくいかない」          

「これから仕事と育児のバランスが心配」

「人と繋がりたいけど、人付き合いが苦手で踏み出せない」などなど。


日時:2019年12月~2020年2月 第2土曜日(3月以降は未定) 

   11時~15時 (お一人30~40分程度) 予約制


*料金はかかりません。


連絡先:東京都練馬区旭町1−31−4  tel 03−6915−6300

















by chinagii | 2019-11-15 15:54 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

傾聴

傾聴。
相手の気持ちに寄り添って話を聴く事。
言葉にすればシンプルですが、普通の会話ではなかなか成り立ちにくい・・・。


b0367284_11240784.jpg



自分の価値観で相手の言葉を判断したり、自分の意見を押し付けてしまったり。

何か言って欲しいのではなく、ただ話を聞いて欲しい時というのは誰にもあるものです。


人は自分の中に、必ず自分なりの意思や答えを持っています。

問題があっても、自分の中に解決できる力がある。
そんな相手の力を信じて、ただ話を聴いていく事で、
その方の内なる叡智に繋がる方法が傾聴です。

話す事で気持ちが整理されたり、一杯一杯だった気持ちが少し楽になったり、
さらに自分でわかっていなかった自分の気持ちに気がついたり。



皆さんに、傾聴をもっと利用していただき、傾聴の力を、ぜひもっと感じて頂きたいと思います。
傾聴のみの個人セッションもお受けしていますので、ぜひどうぞ。





来月から月1回、育児中のママのための傾聴ボランティアも始めます。
詳細は追ってアップしますので、どうぞお楽しみに。

















by chinagii | 2019-11-13 11:55 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

ホーム・ビジター2

昨日の続きです。


b0367284_10023197.jpg





私の所属する豊島区のホーム・スタートはこちらです。↓

                    ホームスタート・わくわく
                    tel 080−4711−8840

ちなみに、私が今訪問しているご家庭は練馬区です。
私のように豊島区外在住の登録ビジターも、少ないですが居りますので
お気軽に問い合わせてみてください。















by chinagii | 2019-11-12 10:06 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

ホーム・ビジター

あっという間に11月も半ばに差しかかろうとしています。
ご無沙汰しました。



b0367284_12363003.jpg





8月から9月にかけて、ホーム・スタートというボランティア団体のホーム・ビジター養成講座を受講しました。
ホーム・スタートは、育児中の母親をサポートするイギリス発祥のボランティア団体で、
ホーム・ビジターは活動員の名称です。
主な活動内容は、未就学児のママのいるお宅を訪問し、傾聴と協働をする事。
傾聴は気持ちに寄り添って話を聞く事、協働は共に家事などをする事です。
イメージとしては、一緒に家事などをしながら、ママのお話を聞くといった感じでしょうか。

ホーム・ビジターの事は、以前NHKのニュース番組で知り、共感し、やってみたいと思っていました。
私自身、子供の小さいうちは、育児の大変さや理想と現実のギャップ、将来への不安などを感じたものです。
子育てには、お母さんの心が安定している事が何より大切!

という事でようやく機会を得て、ビジターに登録し早速活動を始めています。
偶然、時を同じくして私にも孫が生まれました。
赤ちゃんに接する機会も増え、新しい生命力のエネルギーを分けてもらっています。

ちなみに私の住む練馬区には団体が無いため、所属は豊島区です。
もし、皆さんの周りに必要な方がいたら、ぜひホーム・ビジターの存在を教えてあげてください。
居住地域外でも、訪問可能な場合もありますので、お近くの団体に問い合わせてみてください。
利用は無料です。




















by chinagii | 2019-11-11 11:27 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

セッション

この2年というもの、人生の大変化にエネルギーを注がざるを得ず、
セラピストとしての活動は、本当に静かなものでした。

しかし、今年は低空飛行の体調と折り合いをつけながら、少しばかり前に進むこともしています。
春には傾聴講座、そして今は子育て中のお母さんに特化した傾聴ボランティアの養成講座を受講中です。
やはり、ささやかでも、何か自分の出来る事で、人様のお役に立ちたいという思いがあるのです。


b0367284_15424814.jpg


セッションはフィルター・ワークですから、いやが応にもセラピストのあり方が反映されます。
私も、いまの自分というものを感じ、セッション内容を見直してみました。こちら→session

大切にしているのは、クライアント中心であることと、
無理をしない、等身大のセッションであることです。
私が必要だと思うことを絞り込み、作り直しました。
よろしかったら、体験してみてください。



























by chinagii | 2019-08-13 16:40 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

最後の夢療法講座

昨日は、鎌倉天の鳥船庵夢療法講座の最終回でした。
これで昨年10月から始まった月1回×12回=1年間のクラスが終了したことになります。


b0367284_11230729.jpg
             
昨日の鎌倉は、雨のち晴れ。
写真に写ったたくさんのビーサンは、沖に出ているサーファーのものです。

b0367284_11225461.jpg


私にとっては、通算6期目のクラス受講ですが、毎回その時の自分に合った物が受け取れます。
今回またこのクラスに出たことで、自分をさらに知り、
取り組むべき大きなテーマを、今までよりはっきりと具体的に確認することが出来ました。

b0367284_11230248.jpg

今回の私の夢は、中世のヨーロッパのような王国を訪問し、問題解決の為に記念植樹するというもの。
ここから受け取った夢のメッセージは『芯を通す』ということ。
そう、私は雰囲気に流されたり、人の気持ちを忖度しすぎたりして(や〜ね〜)
芯がブレる傾向があるのです。

そして、講師がある方を評して昨日何度も口にした言葉『健全な自尊心』。
そう、自分に足りないのはこれなんだよな。
健全な自尊心=ぶれない芯、なのだ、と。

ルイーズ・L・ヘイ女史の本を本棚から取り出して、また自分を愛する為のワークを始めようかなと考えています。


b0367284_11231346.jpg
クラスで描いた曼荼羅絵と、舞妓の過去生の夢の絵です。


b0367284_11224619.jpg


もっと自分を大切にする練習をして、中心にしっかりぶれない芯を通し、
人生と言う名の海で、上手に波を乗りこなしたいものです!
(いや、ホントに)


そして修了証と共に講師からいただいた私へのメッセージ・カードには
「欲しかった悟りは 何げない日常の満足でした」とありました。
そう、なんの変哲もない普通の日常、家を整えたりの家事をすることなんぞに
心の安らぎと幸せを見いだす自分を意識化できたことも有り難い事でした。

b0367284_11225461.jpg

クラス終了後、打ち上げの食事会で締めくくり、帰宅したのは11時半をまわっていましたとさ。

















by chinagii | 2017-09-03 12:26 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

日蝕、新しい始まり

今日未明に起こった皆既日蝕。
日本では見られないとの事でしたが、天体は『新しい始まり』を示しているようです。
そんな実感、しますよね?

天体の写真はアップできませんが、丸いものつながりで
16日から池袋西武でやっている骨董マーケットで手に入れたトレーと和皿の写真を。

b0367284_09561603.jpg

洋風な丸いお盆を探していて見つけたトレーは、¥8.500を¥7.000で購入。
蚊取り線香用にと買った和皿は、¥1.080也。



さて、昨日は、日蝕の新しい始まりの時に合わせて、友人のカウンセリング・ルームで
箱庭を作って来ました。

箱庭は芸術療法のひとつ。
砂の上にニミチュアのフィギュアなどを置いて、ひとつの風景を作り上げていきます。



b0367284_09562398.jpg


絵画療法と同じように、そこには今の自分が映し出されるのです。
小さくてよくわからないと思いますが、左上から時計回りに、キリンと木、魔法のランプ、神社、鷲、豹、
熊、蠍、ライオン、死神、中央に駱駝を置きました。
置いてある物はなかなかパンチがありますが、全体としては静かな印象の箱庭になったと思います。

最後に、自分がフィギュアになり切って、カウンセラーと問答をします。
この作業を経て、置いたフィギュアの意味が自分の中で腑に落ちるのです。
(これは、他ではやらないことが多いかも)

そして、今月の夢のクラスの課題で、
これまで見た自分の夢から、4つの象徴的事物を選んでライフ・シールという絵にしました。
夢の師いわくライフ・シールとは、今生で取り組む課題目標を1枚の絵にしたものだとの事。
それが、こちらです。


b0367284_10143027.jpg


鷹、稲荷の白狐、海、炎を描きました。

箱庭のフィギュアと重なる部分があります。
もっと自分自身の芯をしっかりさせ、それを大切に感性豊かに生きること、自分にもまわりにも寛大であること、
そして社会の中で自分の与えられた場所で役割を果たし、楽しむこと。

こんなことを、新しい始まりに受け取りました。


















by chinagii | 2017-08-22 10:39 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

獅子座の季節

7月初旬、『ソマテイック・エナジェテイクス』のセッションを受けました。
ソマティック・エナジェティクスは、未完了の感情を感じて解放する事で、
それが作り出している身体の症状の改善に繋がる(場合も多々ある)というもの。
確かに感情を感じないと、病気の症状となって身体に現れるとはずっと聞いて来ましたし、
心の癖として、感情を感じないようにスルーしてきた私には、感情を感じて適切に表現する事が今後のテーマです。

折しも、自分と向き合うワークを長年続けて来て、最近、ようやくいい所迄漕ぎ着けられた感がありました。
さらに、絶妙なタイミングで、あちこち身体の症状が、今まさにバッチリ浮き上がっています。


b0367284_14293545.jpg
お気に入りのインドのアンティークのラリー・キルト(カンタ)。↑継ぎ接ぎでもこんなに美しく、まるで絵のようです。



セッションは一回のみ申し込んだのですが、セラピストのマイケルさんに
「これが始まりだ。」と呟かれたのと、自分でもこれでは足りないと感じたので計4回受けました。
初日は身体を動かしたい方に動かしたりする程度でしたが、
2日目からは、感情がこみ上げて身体を捩りながら泣きました。
そして、セッション中にまさかのひどい腰痛になって。
私の腰痛は、そこに感情を溜め込んでいたからだそう。

腰痛が出たのには、ちょっと慌てましたが、(電車に乗れず、タクシーで帰りました)
その後、急に自分も周りも変化の流れが加速したように感じることが起こっています。
腰痛はマイケルさんに「二週間もしたら落ち着いてくるだろう」と言われた通りになって来ていますが、
今度は風邪をひいたのか、喉をやられています。
ここ迄来たら、信じてやるしかない!?(笑)
暑さのせいもあるのでしょうが、身体は正直言ってキツいですが、気持ちは意外に不安や怖れがなく、
むしろプロセスを進んでいるような感覚です。
思う所の多かった母に対しても理解が深まり、私も我慢していた言いたい事を伝えるようにしました。
すると母の態度が穏やかに変わって来て・・・不思議なものです。
自分の中で、まだどこか納得できないままで来た、自分の生まれついた環境や立ち場についても、今、OKが出せつつあります。


b0367284_14293175.jpg


これまで嫌々ながらこなして来た事や、長い事滞っていたけれど急に流れ始めた事などの、
調整や打ち合わせ、面談などの現実対応に、身体と相談しつつ、向き合う今日この頃です。

今日は獅子座の新月、そして今日から太陽もわが生まれ星座の獅子座に入ります。
(自分が獅子座というのも、ちょっとどこか抵抗があったんです)
抑え込んで来た獣の血を呼び覚まさねばなりません!(笑)





















by chinagii | 2017-07-23 14:39 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

受け容れること

先日のアートセラピーのスクーリング、勉強にもなったのですが、
どうにも自分の中で葛藤が起きてしまい、迷いが生じた事があって
25年来のお付き合いの先輩カウンセラーを訪ねました。
30代の悩み多き私は、ここで初めて箱庭療法やアートセラピーに触れたのです。

旧知の仲である先輩は、久しぶりの訪問にも関わらず、暖かく迎え入れてくれました。

そしてどこまでも私に寄り添ってくれるセッションは、
次第に私の中の迷いを消してくれました。

ああ、そうだ、やっぱり受容と共感。(カウンセラーの基本姿勢)
人は自分の暗部に向き合う時にも、自分を受容出来ている事が前提なのだ。
そして人は受容されたり、共感されたりした時にしか,心を開かない。


誰もが持つ自己受容というテーマ。
私も例外ではありません。
むしろ人一倍自己否定が強い傾向があります。

でも、これをしっかり意識して変えて行かないと、
全てが上手く行かないのです。

やっているつもりでも、心の癖はなかなかシブトイ・・・。



「今のあなたを描いてみますか?」と促されて私が描いた絵は、百合の絵でした。


b0367284_01365368.jpg


これは多分、私の中の女性性の絵。
描きながら「これは曼荼羅絵だな」と自分で感じました。
曼荼羅絵は、状況が膠着状態の時や、変化の直前に描かれる絵です。
この絵を描きながら、私自身、変化して行くであろう自分の中の芽のようなものを感じました。


描き終えた後、「これはあなたです。この絵を大切にしてくださいね。」と言われ、
「そうだ、私はこれを大切にして行こう。」と思えました。



迷っていた方向性も、随分絞られました。

何より心が温かくなり、そして楽になりました。
そして、こんなセッションを提供出来るセラピストでありたい、と思いました。

















by chinagii | 2016-11-24 02:22 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)