カテゴリ:夢( 6 )

昨夜の夢

感情の波を感じながらも、目の前のやるべき事に、ただ取り組んでいる日々です。
そういえばこの頃、夢を見ないなぁと思っていました。
もしかしたら見ていたのかもしれないけれど、覚えていませんでした。
現実に行動しなければならない時は、あまり夢を見ないと、以前、夢の師から聞いたように思います。

週末にひとつの大きな契約を終え、ちょっと一息つきました。
これからまた、もう一つ先のプロセスに入って行くのですが、とりあえず一息。


b0367284_13042377.jpg


そんなタイミングで昨晩、久しぶりに夢を見ました。
しかし夢の内容はほとんど覚えていないのです。
朝起きて夫から、今までに聞いた事がない位のもの凄い迫力で
「もう本当に嫌だって言ってるの!!」と寝言を言っていたと聞かされました。
そういえば、確かに言った覚えが・・・。
でも、どんな夢だったのか詳しく思い出せないのです。
ぼんやり覚えているのは、木の牢のような格子のイメージと、話しても意思疎通の出来ない相手に、
もう本当に嫌なのだと、激しい口調ではっきり伝えていたと言う事だけ。


そして今朝、今まで長年かけても、どうしてもうまく伝えられなかった事を、
母にはっきり伝える事が出来ました。
母の気持ちを斟酌し過ぎずに。(ここがポイント!)



b0367284_13041665.jpg


弱くて自尊心の低い私の目標は、人への配慮も出来るけれど、必要な時には自分の意見を正直にはっきりと言える自分になりたい、一人になる事を怖れない自分でいたい、ということ。日々祈り、アファメーションをしてきました。
この頃、自分の中に少しずつ芯が通って来た感じがしています。






















by chinagii | 2017-11-11 13:52 | | Trackback | Comments(2)

改装中の夢

先日の夢クラスで披露した私の夢のお話です。
これは6月25日の新月の夢でした。

大きな建物が何棟かあるコミューンのような場所。
老若男女、色々な人達が暮らしているようです。
私はその場所のオーナーのような、管理人のような立ち場らしく。
建物は外から見るとわからないのですが、
改装中で、私の持ち物のタンスなどの家具は、他の色々な場所に移動されています。
私は、これからヨガのクラスに行く予定らしく、知人を待たせて支度をしているのですが、
思うような服や持ち物が見つからないまま目が覚めました。




b0367284_11131222.jpg
           ↑
       鹿教湯で見つけた四葉のクローバーと、長い付き合いの緑のアポフィライト。






夢に出てくる建物は、身体を表します。
と言うわけで、私の身体はまさに改装中。
昨年末から、ずっと体調が不安定なことと符合します。

誕生月の7月になり、いつもは獅子座らしい明るい気持ちにもなる頃なのですが、
今は腰痛も出ていて、時々悲しい感情や腹の立つような感情、さらに感謝の感情も
思い出されるように涌き上がり、それを感じています。
今は誰かと一緒にいるよりも、一人でいたい気分の私です。




b0367284_11131569.jpg
              ↑
    机の前に貼ってあるマーガレット・ハウエルさんと茨木のり子さんの写真です。


















by chinagii | 2017-07-07 11:33 | | Trackback | Comments(0)

素敵なバスルームの夢

夢のお話です。

私は、洗面台や脱衣所、洗濯機などがある、新しくて広いユーティリティ・スペースにいます。
家を新築したのか、リフォームしたようです。

b0367284_12443686.jpg

シンプルで落ち着いた清潔感のある雰囲気で、焦げ茶の木目と白い大理石の造り。
壁面いっぱいに大きな鏡が取り付けてあります。
なぜか、現実の我が家の狭い(笑)浴室も、別にまだ、そのままあるようでした。
(って、バスルーム、二つもいらないし!と思ったけど、どうやら二つを臨機応変に使い分けよ、という課題もあるよう。)
私は夫と、その広くて新しいスペースで、この場所をどう使おうか考えています。
こんなに広ければ物干も置けるし・・・、バスローブはどこに掛けようか・・・等々。

お風呂の夢は、一人になって休養し、頭を空っぽにする必要があるということ。
1日の終わりにお風呂に入って身体を清めるように、
心についた垢をその日のうちに落としなさい、というメッセージ。

しかも夢では、あんなに広くて素敵なバスルームだったのに、
私は夫と、どう使おうかなんて考えているばかりで、
せっかくの素敵なバスルームを全然楽しんでいないのです。

あぁ〜、もったいない!
私ってこういう所あるんです。楽しむ事がホントに下手。
わぁ、素敵!と服を脱いで、お風呂に飛び込めば良かったのに。

夢でそれをしなかった私は、残念ながら、脱衣、洗面スペースにいるだけで、
浴槽までは行き着けず仕舞い。
夢の浴室がどんなだったのか、知らぬままです。



このところ、身体も心も何だか忙しく、日常を楽しんだり、味わったりを忘れていたかも。
頭の中が、思考で高速回転していたかも。


b0367284_12192702.jpg


目が覚めて夢日記を付けた後、ゆっくり朝風呂に入りました。
お風呂の中では、ラベンダーの香りのバランサー・オイルで全身マッサージを。
残念ながら、夢のように、新しくて広くて素敵、なバスルームではありませんでしたけどネ。(笑)
そして、短いヨガとマインドフルネス瞑想。
これでようやくスッキリしました。

オイルだらけの浴室を、せっせと掃除したのは、次に入った夫でした!
ありがとうね!!













by chinagii | 2016-11-27 12:58 | | Trackback | Comments(0)

フェリーニの『夢の本』

毎日きちんと新聞を読まない我ら夫婦は、マガジンラックにだいたい一週間分の新聞をため置いて
各自好きな時に好きなように読んでいます。
夫の方が熱心な新聞愛読者ですので、切り抜き、スクラップ等もやっているようですが、
私は全然。「超」のつく飛ばし読み&乱読です。

毎週土曜日の朝日新聞に、別冊(?)のような『be on Saturday』という12頁の読み物があります。
私はその中の『悩みのるつぼ』という悩み相談と、パズルのコーナーが好きで
いつも楽しみにしているのですが、先週10月15日の土曜日、別の面白い記事を見つけました。
それは毎回さまざまな道にまつわる逸話を連載するコーナーで、
今回はイタリアのフェリーニ監督が撮った『道』という古い映画についての記事でした。

『道』はいわゆる名画といわれる映画ですが、私はたまたまつけたテレビで、途中からしか見た事がありません。
正直な所、細部まで記憶に残っていないのですが、
白黒映像の、荒々しい大男と子供のように見える女道化師のストーリーはなんだか切なく、
男尊女卑とかフェミニズムとか言った価値観とは違う、人間としての男女の、
あるひとつの心に響く姿だと感じた事を覚えています。

ここでは映画の話は横に置き、フェリーニ監督の話。
監督は撮影中にひどい鬱状態になり、カウンセリングを受けたりしたそうなのですが、
1960年にユング派の心理学者の勧めで、亡くなる迄の30年間、夢の記録をつけ続けていたんですって。

b0367284_13025834.jpg

写真はその中の1ページだそう。
2001年に『夢の本』として出版されたという事ですが、
残念ながら日本語訳はされていません。
新聞には
「それは、精神の安定に役立つと同時に、
夢で得られたイメージをそのままスクリーンで表現する事も多くなった。」
とあります。
夢の「心を癒す効果」や「現実生活への提案やヒント」をうまく活用していたのかもしれません。

みなさんもぜひ夢日記を付けてみてください。
そして気になる夢を持ってセッションにいらしてください。
私のセッションはこちら↓
フェリーニの『夢の本』、
日本語訳が出ることがあるなら、ぜひ読んでみたいです。







by chinagii | 2016-10-20 13:20 | | Trackback | Comments(0)

夢のケーキ

先日見た夢のお話。
この夢は8日の土曜日に行われた夢のクラスでも披露したものです。

私は、鎌倉の洋菓子店か喫茶店のような所に来ていて
そこで、たくさんのケーキを食べていい事になっています。
実際はあまりケーキを食べないので(若い頃は大好きでした!)
夢の中でも「ケーキなんて久しぶり!」と思うのですが、
『食べる』事より『食べていいという状況』をとても嬉しく思っています。
それで私はケーキの並んだケースの前に行き、『ババ』というケーキの列を見て、
これを食べようと思っている、そういう夢です。

夢にデザートをすすめてもらいました。

先月後半のショッキングな夢から始まった、自分の暗部に向き合うワーク(=フルコース)が
一段落してのデザートですって。
フルコースで意識化された自分の暗部は『冷酷さ』!!

いやぁ、ヘビーな料理、ほんまもんのフルコースですわ〜。(なぜか関西弁)

休み時間に行った稲村ケ崎の、寄せては返す波が
「れいこく〜、れいこく〜」とリフレインしていましたよ。

b0367284_11352017.jpg
                れいこく〜、れいこく〜♫



でもね、嬉しくもあったので、帰りに池袋のデパ地下でババを買って帰ろうと決意!
ところでババってどういうケーキかと言うと、サバランとほぼ同じものと考えていいみたい。
スポンジをラム酒で浸し、クリームをかけたあのケーキです。
(厳密に言えば、スポンジの形やレーズンの有無で違いはあるようなのですが)

しかし、ババはなかなか見つかりません・・・。

フロアを彷徨い歩き、洋菓子売り場の果てまで来て、
ここでなかったら諦めようと思っていたら、
ようやく巡り会えました!!

期間限定で出店していた、有名なイタリアン・レストラン、飯倉キャンティのババです。
その名も『ナポリターナ・ババ』。
なんだか有り難い響き・・・。

b0367284_10341342.jpg

『ババ』のババはアラビアンナイトのアリババから来ているという説もあるとか。
夢クラスへの出席の帰りで、大荷物でしたが必死で大切に持ち帰り、食後に美味しくいただきました。
夢からお許しが出たケーキのお味は格別でした。



そして今日、母と姪から外出のお土産、モンブランが。

b0367284_10340864.jpg

ケーキ連チャンです。

もう十分いただきました!!
ありがとうございました!











by chinagii | 2016-10-10 12:11 | | Trackback | Comments(0)

カルマの夢

私は8年前から夢を学び、つい最近セッションでも夢を扱うようになりました。

夢を学ぶ中で、自身の夢から心の癖というか、カルマを知った経緯もあります。
心の癖がわかれば、その癖を自分が意識できるようにして改善していけばいいので、
人生で取り組むべき課題がわかります。
言葉にしてしまえば簡単ですが、これがなかなか難しいことなのです・・・。

私のカルマの夢をお話しすると、一つはチベットか中国のような僧院で厳しい修行をしている夢、
もう一つはインド人の青年で弾丸の飛び交う戦中を生き残り、苦労してトウモロコシの農場を持つようになる夢です。
二つの夢の共通点は、目的達成のための忍耐と労苦の連続がありました。
というわけで、私の心の癖(カルマ)は「目的達成のため汲々となる」という事。
従って、私の取り組むべき人生の目的は「人生に寛ぐこと」となります。
ゆっくりしていても、いつもどこか寛げない自分がいるのを感じてはいましたが、
その心の癖との自己同一化が強く、どうしていいのかが長年わからずにいました。
それがようやく最近、アレクサンダーテクニークという糸口を得て掴む事が出来ました。

アレクサンダーテクニークというのは、身体の使い方を意識化、再教育のようなことをして
(無理、無駄な身体の使い方に気づいて改善していく事によって)、心身の不調を改善したり、
高いパフォーマンスを得たりが可能になるようなもの、とでも言いましょうか。
(わかりにくいですよね?私の説明でわからない方はスミマセン、お手数ですが検索してみてください!)
昨年、アレクサンダーテクニークを使って赤ちゃんを育てるという夢を見ました。
赤ちゃんは、これから育てていく新しい才能を意味しますので、
アレクサンダーのレッスンにはゆっくりとしたペースですが、通い続けていました。
先生から度々指摘されたのは「何かをする時に息を止める癖がある」「動作が早すぎる」などの動きの癖。
「もっと自分の面倒も見てください」とも。
そこではたと、自分が自分に時間とスペースを与えていない事に気づかされました。
人や物事と関わる時、自分で自分を追い込んだり追い詰めたりして苦しくさせているのです。
この事に気づいて、意識的に自分に猶予を与えるようにしてみたら、まあ、快適!
こういうことか、とまさに身を以て腑に落とすことができました。
長いことかかりました〜!
まだまだ無意識に行動して、長年の癖を踏襲してしまう事もありますが、
それはまあ仕方ないのでゆっくりと。「人生に寛いでいきたい」(笑)と思っています。

b0367284_17510941.jpg


私の夢に登場する頻度が高い「海」の写真です。
一昨年の11月に葉山の一色海岸を撮影しました。
私にとっては、大切な海の存在。
ちょっとした時間を見つけて、海に行く機会を持つようにしています。



by chinagii | 2016-05-09 18:11 | | Trackback | Comments(0)

こころとお洒落と日常のあれこれ


by naggystardust
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30