カテゴリ:旅( 15 )

マウイ島リトリート

9月には目途が立っているはずだった案件が停滞したまま、
予約していたソマティック・エナジェティクスのハワイ、マウイ島のリトリートへ。

b0367284_11471680.jpg


ソマティック・エナジェティクスは今夏、代官山でセッションを受けて効果を感じたため、
さらに抑圧してきた感情を感じて解放し、健康になれればと思っての参加です。


b0367284_11465661.jpg

マウイは16年前オーラ・ソーマのコースで訪れて以来です。


b0367284_11470743.jpg



今回は、セッション・テーブルに横になってのセッション・タイムだけかと思って申し込んだら、
予想に反してビーチやハレアカラ、バンブー・フォレストなどへのアクティビティもあって、ちょっと不安に(笑)。





b0367284_11464457.jpg


マウイ島の形は女神の胸像に例えられ、以前の訪問でもハートを開かせるような体験があったのですが、
今回もそんな体験がしばしばありました。





b0367284_11465184.jpg

このリトリートで浮上した私のテーマは、やはり自分のありのままの感情を判断したり、抑圧したりせずに感じることと、
完璧という幻想から自由になって自分を赦し、芯の通った自分の在り方を確立させる事。


b0367284_11463165.jpg

なかなか難しいですが、少しずつ。

b0367284_11464060.jpg

















by chinagii | 2017-10-17 13:08 | | Trackback | Comments(0)

夏の信州

体調も不安定だったり、仕事も臨機応変の対応が必要だったりで
今年の夏は何の予定もないままに終わるのかと思っていました。

ある日、松本の妹から「5日間のお休みが取れたので、来る?」と言われ、
それではとデザインの締め切りに追われる夫を残し、あずさの車上の人となりました。

妹にあっちへこっちへと連れ回ってもらい、姉妹漫才のような珍道中です。



まずは戸隠へ。



b0367284_16531731.jpg


b0367284_14451337.jpg

妹おすすめの『そばの実』というお蕎麦屋さんで、戸隠蕎麦のお昼。
お蕎麦は、ぼっち盛りという盛りつけ方だそうです。

b0367284_14512983.jpg


b0367284_14512464.jpg

b0367284_16531257.jpg


戸隠神社は奥社まで歩いて往復1時間。


b0367284_16532158.jpg
さらに、中社にもお参り。(中社の写真はなし)





b0367284_14501170.jpg

妹夫婦の思い出がつまった野尻湖。
何となく昭和のノスタルジーが漂います。



栗で有名な小布施に一泊。

b0367284_14501780.jpg
            まりもではなく栗です。↑





安曇野へ。
b0367284_14505273.jpg
降っては晴れてのお天気が、緑をより美しく見せてくれました。




b0367284_15071155.jpg

アンティーク好きの姉のリクエストで、有名なアンティーク・ショップにも連れて行ってもらいました。
が、今回は見るだけ。
私は家のインテリアをあれこれ考えるのが好きなので、見るだけでも十分満足です。




日帰り温泉は、浅間温泉『目の湯』。
かなり古い建物で、余計な物のない超シンプルな温泉旅館です。

b0367284_15064243.jpg
宿泊するには、ちょっと何か出そうで怖い印象ですが、なかなか趣があることは確か。

b0367284_15065137.jpg
お湯が熱くてびっくり!源泉掛け流しだそうです。

b0367284_15065678.jpg


気のおけない姉妹ならではの旅です。
話題はおバカな軽口話限定!?
育った環境が同じ姉妹とは言え、違う所も多々あって、また少し自分自身を知ることにも。
人と過ごすことは、やはり勉強になるものですネ。


土曜日の夕方、あずさに乗って新宿に着きました。
新宿副都心のあまりの人混みと、東京の暑さに、一気に旅気分がふっ飛んでしまいました。(笑)
















by chinagii | 2017-08-28 15:28 | | Trackback | Comments(0)

松本に集合

毎年、ゴールデンウィークには何の予定も入れない我が家。
何かお誘いがあったら、出かける程度です。

しかし、今年は息子夫婦が松本の妹宅に行く事になり、
あずさの切符が取れたら我々夫婦も、ということになりました。

私は自律神経のバランスがあまり良くないので、
春は体調が安定しません。
ですから、ちょっとペースを落として自己中を心がけました。


b0367284_09030174.jpg


b0367284_09040131.jpg


大好きな松本民芸館は、外せない訪問先。
以前も書きましたが、ここへ来ると、日々の暮らしを丁寧に、そして美しさを大切に暮らしたいという思いが
新たになります。




b0367284_09084836.jpg


翌日、息子夫婦と合流。一緒に信州蕎麦のお昼御飯を食べましたが、安曇野観光は、大事をとってパスし、一人で留守番にまわりました。

翌日は、体調がとてもよくなったので、妹の好きな八島湿原へ。

b0367284_09101696.jpg

湿原では、妹と若夫婦の後を、景色を楽しみながら歩きました。

b0367284_09105742.jpg

霧が多いと聞いた霧ヶ峰も快晴。

帰りは諏訪に下り、塩羊羹の老舗、新鶴に寄り、お土産購入。
塩羊羹は名物の一つなので、お土産屋さんにもたくさん売っていますが、ここの物は一味違います。


b0367284_09143385.jpg

b0367284_09191006.jpg


夕食は、大好きな居酒屋しづかへ。
馬刺しに焼鳥、岩魚の塩焼き、沢蟹、山の幸では、きのこに漬物、筍、山菜。
サラダもあれば、息子の大好物の納豆にご飯に味噌汁も。
ついでに言えば、おでんに半ラーメンやナポリタンまであるのです。しかも、どれも美味しい!
モチロン、信州名物のざざ虫や蜂の子、鯉料理、最近では信州サーモンも食べられます。
こっちは信州サーモン以外は、食わず嫌いですが。

みんな大喜びでした。


b0367284_09264559.jpg


楽しいひと時でしたが、我ら夫婦は一足先に帰京です。
お名残惜しさを感じつつ、駅へと急ぎ、あずさに乗ったのでした。









by chinagii | 2017-05-06 08:53 | | Trackback | Comments(0)

鎌倉出張

鎌倉の夢の師より、夫へ仕事の依頼を頂いたので、鎌倉出張に同行して来ました。
なぜ一緒に行ったのかと言うと、私の受け持ちクライアントのスーパーバイズもあったので。
さらに、自分の解釈だけでは腑に落ちない自分自身の夢があり、その個人セッションもお願いする事に。

b0367284_10484042.jpg


今回の依頼には、ある程度の時間がかかると判断し、宿を取って一泊しました。

b0367284_10483701.jpg

翌日の朝は、海や駅周辺まで散歩する事ができ、小さな旅気分も。

b0367284_10482033.jpg

b0367284_10483336.jpg

b0367284_10482518.jpg




夫の作業が長時間にわたったため、ご夫婦で私のおしゃべりにつきあってくださったうえ
さらにお茶菓子なども度々供してくださいました。

b0367284_10481582.jpg
素敵なお皿に盛りつけられた真っ赤な苺。


セッションでは、自分の夢からまたひとつ、自分の事を知る事が出来ました。
「人の評価を気にすることなく自分を生きるように」と、夢からのメッセージです。

















by chinagii | 2017-04-18 11:25 | | Trackback | Comments(0)

冬の信州 その7

王が頭から、松本の街に降りて来た山女です。

b0367284_10295293.jpg

夜、山の上から眺めたら、この松本はきらめく大きな都市でした。


b0367284_10315572.jpg

歯の治療を受け、中町でお土産を買って帰路に着きました。

b0367284_10320575.jpg


こんな東京の田舎の我が家でも、帰宅して感じるのは、都市生活の違和感。
しかし、またしばらくすればこの感覚が普通になるのでしょう。



















by chinagii | 2017-02-03 10:36 | | Trackback | Comments(0)

冬の信州 その6

そして日が暮れ…

b0367284_20111342.jpg


宵の明星?

b0367284_20121296.jpg


夕食をいただき…


談話室のようなロビーに置いてある、一本のギター。
誰もいないので、弾き始めた夫。


b0367284_20182943.jpg


昨日も弾いてました。

何だか懐かしい、夜の山小屋のひとコマのようです。















by chinagii | 2017-01-31 20:09 | | Trackback | Comments(2)

冬の信州 その5

雪がなければ、宿から片道20分程の
王が鼻までスノーシューで。


b0367284_14190418.jpg


木立ちの中を通り、時々ズボッと雪にはまりながら
進みます。



b0367284_14213748.jpg


この季節に自然の中で、
汗をかくほど身体を動かせることが
とても気持ちいいです。


b0367284_14325479.jpg

あまりの絶景に、
気分はすっかりアルプスの少女ハイジの世界。
思わず「ハイジ〜!」と呼んでみたら
後ろから「ペーター!」と夫の返しが…(^-^;
アホな夫婦です。


b0367284_14344259.jpg


小さな動物の足跡も、たくさん見つけました。

冒頭にも書きましたが、
雪が無ければ片道20分の道のりを、
標高が高いせいか息が上がり
休み休み写真も撮りつつ、往復で2時間かけて
歩きました。

自然の中にいるだけで、不思議と体調が良くなる私です。
皮膚が弱い夫も、こちらに来ると調子が良いと言っています。
私達が住んでいるのは、
東京23区で一番田舎っぽいと言われるNRM区ですが、
今はほぼ宅地化してしまい、
身近には、いくつかある大きな公園の
作られた自然しかありません。

|( ̄3 ̄)|やーい、東京もーん!
便利さはあっても、実はきびしい環境です。
ですからこうして、時々、自然のエネルギーを浴びに
旅に出る私達です。






王が鼻に着きました。↓


b0367284_16593033.jpg


ところでワタクシ、旅先で四苦八苦しながら
初めてiPhoneのblog更新にチャレンジしています。
私にしては、すごい事なんですよ!(╹◡╹)






















by chinagii | 2017-01-31 14:06 | | Trackback | Comments(0)

冬の信州 その4

王が頭の、今朝の日の出は6時46分。

5時過ぎに起きて星空を眺め、朝風呂に入りました。
しばらくすると、空の色が少しずつ明るくなり始めます。


b0367284_09262319.jpg


気温はマイナス9度。

b0367284_09282459.jpg


完全装備をしても、寒さの中
じっと日の出を待つのはなかなか辛いもの。

天の岩戸が開くのを、今か今かと待ちわびる
神話の場面が重なりました。


すっかり日が昇り、
朝食後のコーヒーをいただいています。



b0367284_09344015.jpg


今日もスノーシュー日和です。




















by chinagii | 2017-01-31 09:17 | | Trackback | Comments(0)

冬の信州 その3

美ヶ原高原の王が頭(おうがとう)では、
スノーシューをします。


b0367284_17284935.jpg


4年前くらいに、ここ王が頭で、初めてスノーシューを体験しました。
その時は山のガイドさんについて散策し、
雪の中、汗だくでした。


b0367284_17292944.jpg


今日も1時間半程、雪の中の散策をして、汗をかいて来ました。


b0367284_09432564.jpg

ここは標高2,000メートルですが、山頂が平らで
景色が開けていて、ここならではの絶景が臨めます。


b0367284_17363683.jpg


b0367284_17371169.jpg



身体を動かした後の、心地良い疲れを感じつつ
これから夕食をいただきます。










by chinagii | 2017-01-30 17:21 | | Trackback | Comments(0)

冬の信州 その2

スキーのため、乗鞍に足を伸ばしました。

b0367284_09002273.jpg


一昨年、スノボをする友人夫婦に誘われて雪山へ。
20数年振りにスキーを履きました。

以来、夫がすっかり乗り気となり、
毎年1〜2回行くようになりました。

b0367284_09070231.jpg


テクも体力も若さもない私ですが、
無理をせず、自然を楽しむことにして
滑っています。


b0367284_09100981.jpg










by chinagii | 2017-01-29 08:58 | | Trackback | Comments(0)

こころとお洒落と日常のあれこれ


by naggystardust
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31