<   2017年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

冬の信州 その6

そして日が暮れ…

冬の信州  その6_b0367284_20111342.jpg


宵の明星?

冬の信州  その6_b0367284_20121296.jpg


夕食をいただき…


談話室のようなロビーに置いてある、一本のギター。
誰もいないので、弾き始めた夫。


冬の信州  その6_b0367284_20182943.jpg


昨日も弾いてました。

何だか懐かしい、夜の山小屋のひとコマのようです。















by chinagii | 2017-01-31 20:09 | | Trackback | Comments(2)

冬の信州 その5

雪がなければ、宿から片道20分程の
王が鼻までスノーシューで。


冬の信州  その5_b0367284_14190418.jpg


木立ちの中を通り、時々ズボッと雪にはまりながら
進みます。



冬の信州  その5_b0367284_14213748.jpg


この季節に自然の中で、
汗をかくほど身体を動かせることが
とても気持ちいいです。


冬の信州  その5_b0367284_14325479.jpg

あまりの絶景に、
気分はすっかりアルプスの少女ハイジの世界。
思わず「ハイジ〜!」と呼んでみたら
後ろから「ペーター!」と夫の返しが…(^-^;
アホな夫婦です。


冬の信州  その5_b0367284_14344259.jpg


小さな動物の足跡も、たくさん見つけました。

冒頭にも書きましたが、
雪が無ければ片道20分の道のりを、
標高が高いせいか息が上がり
休み休み写真も撮りつつ、往復で2時間かけて
歩きました。

自然の中にいるだけで、不思議と体調が良くなる私です。
皮膚が弱い夫も、こちらに来ると調子が良いと言っています。
私達が住んでいるのは、
東京23区で一番田舎っぽいと言われるNRM区ですが、
今はほぼ宅地化してしまい、
身近には、いくつかある大きな公園の
作られた自然しかありません。

|( ̄3 ̄)|やーい、東京もーん!
便利さはあっても、実はきびしい環境です。
ですからこうして、時々、自然のエネルギーを浴びに
旅に出る私達です。






王が鼻に着きました。↓


冬の信州  その5_b0367284_16593033.jpg


ところでワタクシ、旅先で四苦八苦しながら
初めてiPhoneのblog更新にチャレンジしています。
私にしては、すごい事なんですよ!(╹◡╹)






















by chinagii | 2017-01-31 14:06 | | Trackback | Comments(0)

冬の信州 その4

王が頭の、今朝の日の出は6時46分。

5時過ぎに起きて星空を眺め、朝風呂に入りました。
しばらくすると、空の色が少しずつ明るくなり始めます。


冬の信州  その4_b0367284_09262319.jpg


気温はマイナス9度。

冬の信州  その4_b0367284_09282459.jpg


完全装備をしても、寒さの中
じっと日の出を待つのはなかなか辛いもの。

天の岩戸が開くのを、今か今かと待ちわびる
神話の場面が重なりました。


すっかり日が昇り、
朝食後のコーヒーをいただいています。



冬の信州  その4_b0367284_09344015.jpg


今日もスノーシュー日和です。




















by chinagii | 2017-01-31 09:17 | | Trackback | Comments(0)

冬の信州 その3

美ヶ原高原の王が頭(おうがとう)では、
スノーシューをします。


冬の信州  その3_b0367284_17284935.jpg


4年前くらいに、ここ王が頭で、初めてスノーシューを体験しました。
その時は山のガイドさんについて散策し、
雪の中、汗だくでした。


冬の信州  その3_b0367284_17292944.jpg


今日も1時間半程、雪の中の散策をして、汗をかいて来ました。


冬の信州  その3_b0367284_09432564.jpg

ここは標高2,000メートルですが、山頂が平らで
景色が開けていて、ここならではの絶景が臨めます。


冬の信州  その3_b0367284_17363683.jpg


冬の信州  その3_b0367284_17371169.jpg



身体を動かした後の、心地良い疲れを感じつつ
これから夕食をいただきます。










by chinagii | 2017-01-30 17:21 | | Trackback | Comments(0)

冬の信州 その2

スキーのため、乗鞍に足を伸ばしました。

冬の信州  その2_b0367284_09002273.jpg


一昨年、スノボをする友人夫婦に誘われて雪山へ。
20数年振りにスキーを履きました。

以来、夫がすっかり乗り気となり、
毎年1〜2回行くようになりました。

冬の信州  その2_b0367284_09070231.jpg


テクも体力も若さもない私ですが、
無理をせず、自然を楽しむことにして
滑っています。


冬の信州  その2_b0367284_09100981.jpg










by chinagii | 2017-01-29 08:58 | | Trackback(1) | Comments(0)

冬の信州 その1

松本の妹宅に来ています。
義弟(一つ歳上!)が、歯科医なので治療を受けるのも目的です。

冬の信州  その1_b0367284_08515506.jpg



夜は、郷土料理が美味しい居酒屋『しづか』へ連れて行ってもらいました。


冬の信州  その1_b0367284_08561558.jpg


店内は松本民芸家具で統一され、黒っぽく落ち着いたいい雰囲気です。
松本訪問の時は、必ず連れて来てもらっています。








by chinagii | 2017-01-29 08:27 | | Trackback | Comments(0)

心に響いた言葉

自分に必要な言葉って、ちゃんと入って来るものですね。

昨日は、夢療法の出張セッションで都心に出ました。
移動の電車の中で、ぼんやりドアの上のモニターを見ていたら
ビールのCMが流れていました。

CMで、妻夫木くんが所ジョージ氏に、落ち込んだときの対処方法を聞きます。
所さんの答えは
「自分のこと、すごい人だと思ってるから落ち込むわけ、身の丈に立っても輝くことが一杯あるんだよ」。
(メモを取っていないので、正確ではありませんが)



さらに、録画していつも見ている海外TVドラマ『ダウントン・アビー』。
イギリスの貴族一族のお話です。


心に響いた言葉_b0367284_10524665.jpg

副執事のバローさんが、自分が同性愛者であることが苦しくて、何とかしようと
怪しげな所で教えられた食塩水を注射する方法を信じ込んで実行し、
感染症を引き起こしてしてしまった時のこと。
医師のクラークソンは彼の気持に理解を示しつつも言います。
まやかしの希望より、厳しい現実の方がましだ、と。


心に響いた言葉_b0367284_10514797.jpg

こちらも細かい所まで記憶していませんが、運命に与えられた境遇を、たとえ辛くても一旦受け容れて
その思いに直面(味わう?)しなくてはならない、というような意図の話もしていたと思います。




セラピストをしていると、つくづく実感します。
端から見たら、こんな人が?と思うような、元気そうな人や幸せそうな人が
想像もつかない悩みに苦しんでいたり、辛い経験をしていたり。

みんなに自分の課題があります。
みんな大変です。























by chinagii | 2017-01-26 11:32 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
日曜日は夫の版画展の最終日。
本人曰く「今回の作品は準備不足で自信が無い」ということなので、どなたにもお知らせしなかったそう。
知り合いが誰も来ないというのも、ちょっとさみしいんじゃないかと思って
母と姪を誘ったら乗ってくれました。

そして、母と姪を引率(?)して再度練馬区立美術館へ。


版画展、そしてタマラ・ド・レンピッカ_b0367284_17314108.jpg



夫の作品の写真は、自信を持って皆さんを喚べるような(笑)またの機会に。
見終わってから、近くで遅いお昼をみんなで食べて解散。


翌日、版画用の画材を買いに行く夫につきあって、お茶の水へ。
画材店の階段の両脇の壁面を利用して、ポスト・カードがたくさん売っているのですが、
夫が「これ、ちゅんぺい(私の事)の好きな人じゃない?」と指差す方を見ます。
すると、大好きだった画家、タマラ・ド・レンピッカのカードが!
嬉しくなって即購入。

20歳そこそこの私が、胸をときめかせて学校帰りに見に行ったのは、
たしかセゾン美術館だったと思うのですが・・・。
当時の私には高価でしたが、どうしても欲しくて画集(図録?)も買っていたので
家に帰ってから、久しぶりに引っぱり出して繰ってみました。


版画展、そしてタマラ・ド・レンピッカ_b0367284_17312498.jpg
面白いもので、若い時に感じたワクワクが蘇ります。

版画展、そしてタマラ・ド・レンピッカ_b0367284_18203105.jpg

版画展、そしてタマラ・ド・レンピッカ_b0367284_18213987.jpg
版画展、そしてタマラ・ド・レンピッカ_b0367284_18210668.jpg

版画展、そしてタマラ・ド・レンピッカ_b0367284_18212846.jpg



若い頃に好きで聴いた音楽なんかも、歳を経て、久しぶりに聞いたりすると
同じようにワクワク気分が蘇りませんか?


購入したポスト・カードのうち1枚は、背景が雪山のような肖像画で
「今の季節にぴったり!」と机の横に飾りました。


版画展、そしてタマラ・ド・レンピッカ_b0367284_10525592.jpg





週末は松本の妹宅へ行き、スキーやスノー・シューもする予定です。

版画展、そしてタマラ・ド・レンピッカ_b0367284_18215662.jpg


この絵は、雪山への気分を盛り上げてくれます。




























by chinagii | 2017-01-24 18:40 | アート | Trackback | Comments(0)
土曜日の夕方、夫のお供をして丸の内ワイルドライフ・テイラーへ。


丸の内ワイルドライフ・テイラーへ_b0367284_20255818.jpg



昨年、礼服用にダーク・スーツをセミ・オーダーしたのですが、
実際に着てみたら、選んだデザインのパンツが細すぎました。失敗!
そこで、同じ生地でパンツだけもう一本作ってもらいました。

今度は大丈夫でした。
よかった、よかった。
この頃、毎月のように法事が続くので、これで一安心。(・・・って?!)


丸の内ワイルドライフ・テイラーへ_b0367284_20260360.jpg

店内には、床屋さんもあります。↑


丸の内ワイルドライフ・テイラーへ_b0367284_20261376.jpg

こんなディスプレイも。↑


丸の内ワイルドライフ・テイラーへ_b0367284_20262237.jpg


帰る頃にはもう暗くなっていて、美しいイルミネーションを見る事が出来ました。



Wild Life Tailorは、ちょっと気の利いたスーツを比較的リーズナブルにセミ・オーダーできます。









by chinagii | 2017-01-22 20:36 | | Trackback | Comments(0)

髪のこと

40代半ばくらいから白髪が出始めました。
私は全く気にしないで自然のままにしていたのですが、
母から再三何とかするように言われ、閉口しました。

母は80歳を超えた今でも、白髪染めを欠かしません。
なのに娘は放ったらかし。気になって仕方がなかったのでしょうね。
あまりにうるさく言われ、私も根が素直なこともあって|( ̄3 ̄)|
根負けし、しばらくヘナで染めていました。

ヘナは白髪がオレンジ色に染まるので、毎週繰り返し染めるように勧められ、
(重ね染めすると色が濃くなり、オレンジ色の違和感が緩和する)
月に2回は美容院で、後は自分で染めていました。
頑張っていましたよ〜!!でも、もうギブアップ。
もともと若さに固執するタイプでもないので、白髪で行こうと決めました。

駅の地下通路でお見かけした白髪まじりのロング・ヘアが素敵な女性↓
60代半ばでしょうか?

髪のこと_b0367284_09482838.jpg




50代になり、ベリー・ショートにした友人↓潔くてカッコいい!

髪のこと_b0367284_09475227.jpg

問題は途中の過程。


髪のこと_b0367284_09491206.jpg

上の写真、分け目の髪の根元がくっきり白くなっています。
禿げているのではありませんよ!(笑)
染めをやめるなら通らなければならない過程ですが、なんだか気になります。

そこで美容師でもあるお洒落友達(略してオシャ友)に相談。
彼女も私と価値観が似ているので、白髪賛成派です。
しばらくグレーのヘア・マニキュアでグラデーションをつけながら、なじませる作戦を考えてくれました。


髪のこと_b0367284_09494140.jpg

数ヶ月間マニキュアをしてもらいましたが、オーガニックのヘナで染めていた私には、
マニキュアのような化学薬品がどうも違和感があります。

普通のケミカルな染毛剤に入っているジアミン、アミノフェノール、レゾルシンなどは
身体へ悪影響があると言われていますし、マニキュアと言えど、気になります。

実際、数ヶ月間でしたが、マニキュアをしたら、抜け毛がひどく、コシもなくなりました。

で、結局やめて半年くらいたった今はこんな感じです。↓光の加減でわかりづらいですが。


髪のこと_b0367284_09483676.jpg


ヘナ染めのいい所は、髪にコシとツヤが出る事です。
純度の高い、新鮮なヘナを選ぶ事が前提ですが。

白髪を染める事はやめましたが、今は、コシとツヤを取り戻すため
ヘナと同じような効果のある、無色のハーブのトリートメントを月に1〜2回。
面倒臭いので自分ではやらず、件の美容師さんのところに自らハーブを持参して配合し、塗ってもらっています。
気持の面でも手間の面でも、ヘナよりかなり楽になりました。
そして今は、白髪まじりの髪が気に入っています。


オーガニックのヘナとハーブのトリートメントはこちらで買えます。











by chinagii | 2017-01-20 10:53 | 健康・美容 | Trackback | Comments(0)