束の間の休日、横浜

只今家業の大きな節目で、blogをアップするような気持ちの余裕があまりなくて・・・。

しかし忙中閑あり。
妹が手配してくれて、母と妹と姪と夫と5人で横浜に一泊して来ました。

b0367284_11113978.jpg


b0367284_11102391.jpg
ホテルのベランダからの夜景。



b0367284_11103798.jpg

b0367284_11101862.jpg

b0367284_11113286.jpg


b0367284_11113609.jpg

b0367284_11112720.jpg

b0367284_11112033.jpg


b0367284_11110074.jpg
ロック・テイスト満載の古着店。↑




b0367284_11105671.jpg

老舗スカンジナビア・レストランで遅めの昼食。↑
ランチのメニューは、かなり肉々しいか、揚げ物か、なので、ポトフにしました。
美味です。


b0367284_11104324.jpg
一応アンティーク・ショップにも。


b0367284_11104998.jpg
休日の中華街は激混みで、人酔いしてしまい、買い物を済ませて即脱出。


b0367284_11424079.jpg


お土産は、同發の肉まんと、スペア用の竹の蒸篭蒸し器です。
同發の包装紙、美しいですね。



















# by chinagii | 2017-11-05 11:30 | 外出 | Trackback | Comments(0)

マウイ島リトリート

9月には目途が立っているはずだった案件が停滞したまま、
予約していたソマティック・エナジェティクスのハワイ、マウイ島のリトリートへ。

b0367284_11471680.jpg


ソマティック・エナジェティクスは今夏、代官山でセッションを受けて効果を感じたため、
さらに抑圧してきた感情を感じて解放し、健康になれればと思っての参加です。


b0367284_11465661.jpg

マウイは16年前オーラ・ソーマのコースで訪れて以来です。


b0367284_11470743.jpg



今回は、セッション・テーブルに横になってのセッション・タイムだけかと思って申し込んだら、
予想に反してビーチやハレアカラ、バンブー・フォレストなどへのアクティビティもあって、ちょっと不安に(笑)。





b0367284_11464457.jpg


マウイ島の形は女神の胸像に例えられ、以前の訪問でもハートを開かせるような体験があったのですが、
今回もそんな体験がしばしばありました。





b0367284_11465184.jpg

このリトリートで浮上した私のテーマは、やはり自分のありのままの感情を判断したり、抑圧したりせずに感じることと、
完璧という幻想から自由になって自分を赦し、芯の通った自分の在り方を確立させる事。


b0367284_11463165.jpg

なかなか難しいですが、少しずつ。

b0367284_11464060.jpg

















# by chinagii | 2017-10-17 13:08 | | Trackback | Comments(0)

中秋の名月

中秋の名月をベランダから眺めました。

b0367284_18181536.jpg





雲があるのもまた良くて。






























# by chinagii | 2017-10-07 18:19 | 毎日 | Trackback | Comments(0)
4日前の9月23日にアップした前回のblog記事、あれを書いて自分の気持ちに整理がつき、決心できた事があります。
それは・・・セラピスト活動を辞めるということです。
blogにも書いたかもしれないし、親しい人達には話していた事ですが、
私は自分自身が生きにくさを感じて自己探求を始め、心理学やスピリチュアルな道に足を踏み入れました。
学びを続けるうち、成り行きで資格を取得したり、有り難い事に周囲からの勧めもいただいたり、
さらに自分でも、人様のお役に立ちたいなどと大それた事を思うようになって始めたやくざな(?)セラピスト稼業(苦笑)。
特に初期の頃は失敗もたくさんしましたが、多くのクライアントさんと出会い、育てていただき、素晴らしい時間と経験をさせていただきました。


しかし・・・いつもどこか私の中で、やっていてしっくり来ない感覚がありつつも、走り始めた足を止めるまでには至りませんでした。
思えば9年程前でしょうか、夢の師に出会い、(スピリチュアルな表現になってしまいますが)
バリバリ仕事をする事が私の魂本来の願いではないと理解し、少しずつブレーキをかけ、5年前に店を閉めました。

そして、今月初めに終了した一年間の夢の講座で、更に自分の事がよく分かりました。
自分の感情より、頭での思考や人様の価値観を優先させて来た自分の在り方です。

23日のblogを書きつつ、書いている事は自分にとって本当の事なのに、
なぜか苦しい自分、違和感を感じている自分を味わい、自覚しました。
そう、あの記事を書くのには、いつも以上にかなりの時間がかかったし、迷いが浮上していました・・・。
それが何なのか・・・。
よくよく考えてみましたが、結局こういうことを書いて伝えて行くと言う役割のようなものに違和感を感じたというか、
これは自分のやりたい事ではない、とようやく理解した、というか。

閉店からさらに5年の時間をかけ、夢講座の助けも借りつつ自己探求を続け、ようやく今この場所に来る事が出来ましたが、
まさに亀の歩みです。

けれど、まだ、ちょっぴりの迷いもありました。(けっこう往生際が悪い)
それでオラクル・カードを引いてみました。

結果は、これ!


b0367284_09352165.jpg

1枚目がTime to Move On.
さらに往生際が悪く、もう1枚。
それがReady,Set,Go!
さらに引いた( まだ引くか!)3枚目がYes.

これ、ホントなんです。こんな事ってあるの!?って言うくらいのカードの面子でした。

というわけで、カードで最後のだめ押しをされ、ようやく決心しました。
とは言え、もうしばらくの間は、昔のクライアントさんに限りセッションをお受けするつもりでいます。
(一応受け持った方達にはちゃんとしたい)
そしてタイミングを図って、本当に終わりにしていこうと思っています。
(自己探求はモチロンやめません!これからも続けて行きます!)


b0367284_09251783.jpg


写真は、先日の大江戸骨董市で手に入れた私の好きな古くてジャンクな物達です。

今、ちょっぴりセツナくもあるのですが、なんだかすっきりとした気持ちです。
























# by chinagii | 2017-09-27 11:11 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
今日は、セラピストっぽく(?)自己探求と自己受容について書こうかと。
こういった事はたくさん本に書かれているので、今更私なんぞが何を書くのだと言う事もあるんですが。
しかも、こういう事を書こうとすると理屈っぽくなるわ、うまく表現出来ないわ、
自分は出来ていないのに上から目線っぽくなるわで、あんまり書いてないのですが、
最近本当に自分を大切にする事や認める事が思っていた以上に大切だと感じること多々で。
常にも増しての拙いblogにおつきあいくださいませ。


b0367284_15474795.jpg


人は、自分の事を分かっているようで分かっていない事が多いもの。
無意識に自分にとっては当たり前だと思って、オートマチックに考えたり行動していることを、
意識に上らせる事、自覚的になる事、つまりそれが自分を知る事、自己探求だと思っています。

自分を知って行くと、物事への自分の対処の仕方や考え方の癖がわかったり、
気に食わないあの人のあんな所も自分にもあるぞと気づいたりもするでしょう。
人は自分を映す鏡とはよく言ったものです。
人を見て気になったり引っかかったりする部分は、自分の中にそれを認めていない所だと言います。
結局すべての事が自分なんだと気がついて、しょーもないと受け容れて行く事、それが魂の成長=意識の拡大なのだと私は解釈しております。
ですから、きっと究極は自分を、全てを受け容れて行くということなのだろうと。
きっとそれがすべてが一つ、と言う事なのでしょうね。
良い部分は勿論、弱い自分、ずるい自分、臆病な自分、攻撃的だったり、破壊的だったりする自分をも
自分の内に存在する事を知って行き、認めて行くということ。
すべてを受け容れる、といっても何があっても何もしなくていいと言う事ではなく、
意識化された上で、自分が困るなら必要な現実対応をしたり、変えて行くべき部分を変えたりして行く必要はあるかもしれませんが。(これがなかなか難しい事だけど)

この世に存在する前提としても、それは大切で、自分をある程度以上は許して認めていないと、怖れから自由になれないし、欠けている部分にばかり目が行ってしまう。
そしてこの現実の世界は苦しく辛いものになってしまう・・・これって私の経験からも言える事でもあり、
情けないかな、だからこそ今でも自己受容に取り組み続けている自分がいるわけです。
いい歳だろうが、セラピストであろうが関係なく、苦しい思いをして来たし、まだそうであるとも言える。
ワンネスなんて遠い遠い。(笑)
でもね、これに取り組まない時よりは、やって来てずっと楽になったということは言えます。
辛いときなどは、つい深刻になりがちですが、自分を許して行くと、不思議と気を楽に持つことが出来るようになります。
本当におそるべし、自己受容!なのです。

















# by chinagii | 2017-09-23 15:48 | 思うこと | Trackback | Comments(0)

こころとお洒落と日常のあれこれ


by naggystardust
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30