4日前の9月23日にアップした前回のblog記事、あれを書いて自分の気持ちに整理がつき、決心できた事があります。
それは・・・セラピスト活動を辞めるということです。
blogにも書いたかもしれないし、親しい人達には話していた事ですが、
私は自分自身が生きにくさを感じて自己探求を始め、心理学やスピリチュアルな道に足を踏み入れました。
学びを続けるうち、成り行きで資格を取得したり、有り難い事に周囲からの勧めもいただいたり、
さらに自分でも、人様のお役に立ちたいなどと大それた事を思うようになって始めたやくざな(?)セラピスト稼業(苦笑)。
特に初期の頃は失敗もたくさんしましたが、多くのクライアントさんと出会い、育てていただき、素晴らしい時間と経験をさせていただきました。


しかし・・・いつもどこか私の中で、やっていてしっくり来ない感覚がありつつも、走り始めた足を止めるまでには至りませんでした。
思えば9年程前でしょうか、夢の師に出会い、(スピリチュアルな表現になってしまいますが)
バリバリ仕事をする事が私の魂本来の願いではないと理解し、少しずつブレーキをかけ、5年前に店を閉めました。

そして、今月初めに終了した一年間の夢の講座で、更に自分の事がよく分かりました。
自分の感情より、頭での思考や人様の価値観を優先させて来た自分の在り方です。

23日のblogを書きつつ、書いている事は自分にとって本当の事なのに、
なぜか苦しい自分、違和感を感じている自分を味わい、自覚しました。
そう、あの記事を書くのには、いつも以上にかなりの時間がかかったし、迷いが浮上していました・・・。
それが何なのか・・・。
よくよく考えてみましたが、結局こういうことを書いて伝えて行くと言う役割のようなものに違和感を感じたというか、
これは自分のやりたい事ではない、とようやく理解した、というか。

閉店からさらに5年の時間をかけ、夢講座の助けも借りつつ自己探求を続け、ようやく今この場所に来る事が出来ましたが、
まさに亀の歩みです。

けれど、まだ、ちょっぴりの迷いもありました。(けっこう往生際が悪い)
それでオラクル・カードを引いてみました。

結果は、これ!


b0367284_09352165.jpg

1枚目がTime to Move On.
さらに往生際が悪く、もう1枚。
それがReady,Set,Go!
さらに引いた( まだ引くか!)3枚目がYes.

これ、ホントなんです。こんな事ってあるの!?って言うくらいのカードの面子でした。

というわけで、カードで最後のだめ押しをされ、ようやく決心しました。
とは言え、もうしばらくの間は、昔のクライアントさんに限りセッションをお受けするつもりでいます。
(一応受け持った方達にはちゃんとしたい)
そしてタイミングを図って、本当に終わりにしていこうと思っています。
(自己探求はモチロンやめません!これからも続けて行きます!)


b0367284_09251783.jpg


写真は、先日の大江戸骨董市で手に入れた私の好きな古くてジャンクな物達です。

今、ちょっぴりセツナくもあるのですが、なんだかすっきりとした気持ちです。
























# by chinagii | 2017-09-27 11:11 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
今日は、セラピストっぽく(?)自己探求と自己受容について書こうかと。
こういった事はたくさん本に書かれているので、今更私なんぞが何を書くのだと言う事もあるんですが。
しかも、こういう事を書こうとすると理屈っぽくなるわ、うまく表現出来ないわ、
自分は出来ていないのに上から目線っぽくなるわで、あんまり書いてないのですが、
最近本当に自分を大切にする事や認める事が思っていた以上に大切だと感じること多々で。
常にも増しての拙いblogにおつきあいくださいませ。


b0367284_15474795.jpg


人は、自分の事を分かっているようで分かっていない事が多いもの。
無意識に自分にとっては当たり前だと思って、オートマチックに考えたり行動していることを、
意識に上らせる事、自覚的になる事、つまりそれが自分を知る事、自己探求だと思っています。

自分を知って行くと、物事への自分の対処の仕方や考え方の癖がわかったり、
気に食わないあの人のあんな所も自分にもあるぞと気づいたりもするでしょう。
人は自分を映す鏡とはよく言ったものです。
人を見て気になったり引っかかったりする部分は、自分の中にそれを認めていない所だと言います。
結局すべての事が自分なんだと気がついて、しょーもないと受け容れて行く事、それが魂の成長=意識の拡大なのだと私は解釈しております。
ですから、きっと究極は自分を、全てを受け容れて行くということなのだろうと。
きっとそれがすべてが一つ、と言う事なのでしょうね。
良い部分は勿論、弱い自分、ずるい自分、臆病な自分、攻撃的だったり、破壊的だったりする自分をも
自分の内に存在する事を知って行き、認めて行くということ。
すべてを受け容れる、といっても何があっても何もしなくていいと言う事ではなく、
意識化された上で、自分が困るなら必要な現実対応をしたり、変えて行くべき部分を変えたりして行く必要はあるかもしれませんが。(これがなかなか難しい事だけど)

この世に存在する前提としても、それは大切で、自分をある程度以上は許して認めていないと、怖れから自由になれないし、欠けている部分にばかり目が行ってしまう。
そしてこの現実の世界は苦しく辛いものになってしまう・・・これって私の経験からも言える事でもあり、
情けないかな、だからこそ今でも自己受容に取り組み続けている自分がいるわけです。
いい歳だろうが、セラピストであろうが関係なく、苦しい思いをして来たし、まだそうであるとも言える。
ワンネスなんて遠い遠い。(笑)
でもね、これに取り組まない時よりは、やって来てずっと楽になったということは言えます。
辛いときなどは、つい深刻になりがちですが、自分を許して行くと、不思議と気を楽に持つことが出来るようになります。
本当におそるべし、自己受容!なのです。

















# by chinagii | 2017-09-23 15:48 | 思うこと | Trackback | Comments(0)

水玉のコースター

谷中、根津、千駄木あたりの通称『谷根千』に、たまに出かけて行きます。
セミオーダーのシャツのおみせ dou douのオーナーの葉子ちゃんは、夫の学生時代の友人で、
そこを訪ねたのがきっかけです。
dou douに通ううち、お隣のお店classicoのオーナー、高橋さんとも親しくなり、
『四葉会』という名の会を作って、時々食事をご一緒したりしています。


彼らのお店のある谷中の通りで、店主さん達が集まって通りに名前をつけようということになり、
何か案はないかと相談された事があります。
とっさに思いつきで「ぽつぽつとお店が点在する通りだから水玉通りは?」などど言ったことがありました。
その後、店主さん達と町会の方達の話し合いを経て、通りの名前は『谷中キッテ通り』
(郵便局があるので)と決まったそうですが、通りで開かれるイベントに『水玉市』の名が採用されました。


昨日、案を出したお礼にと、dou douの水玉のコースターを頂きました。


b0367284_14224466.jpg

裏地はリネンです。
ちょうどコースターを新調したいと思っていた我が家にはタイムリー!
嬉しい贈り物をいただきました。


b0367284_14223373.jpg

次回『水玉市』は、10月7日(土)・8日(日)11時から16時までです。
飲み物や食べ物の販売、フリーマーケット、ワークショップや一部商品の値引きなどがあるようですよ。
ご興味のある方は、ぜひ遊びにお出かけください。

お寺の多い風情のある下町に、素敵だったりおもしろかったりのお店が点在しています。
あちらの路地、こちらの路地と散策してみるのも楽しいですよ。





















# by chinagii | 2017-09-21 15:10 | ふれあい | Trackback | Comments(0)

日本舞踊の会

3連休の最後の日、立川で友人(というか先輩?)の日本舞踊の会があり、行って来ました。
まず吉祥寺まで出て、店をやっていた時にいつも買っていたお花屋さんで、花束を作ってもらって。
贈る相手のイメージを伝えて、あれこれ花材を相談し、出来上がったのがこれです。


b0367284_10480877.jpg

私は彼の人にぴったり!と思ったのでした。

日舞は、子供の頃、3歳から11歳まで習っていたことがあります。
踊りが好きなのかどうかもわからぬまま、祖母に連れられて通っていました。
やめてから何十年も経つし、いまだに意味が良く分からぬままですが、
楽曲や振りには、なんとはなしに馴染む感じがあるのです。

友人は『外記猿』と言う演目を踊りました。
何年か前に拝見したときと、少し印象が違って感じます。
情に厚い、裏表のないさっぱりした方ですが、踊りにしっとりが加わってより素敵になったような気がしました。

b0367284_10481382.jpg

友人はカウンセラーで、このblogでも書いている箱庭のワークなどでもお世話になっています。
ごくカンタンに言ってしまえば、元々の出会いが職場の同僚的な感じ(年齢は先輩ですが)でしたから、
友人からクライアントになったような経緯で。
カウンセラーの方はご存知と思いますが、カウンセラーは基本的にクライアントとは
プライベートな交渉は一切持ってはいけない決まりがあります。
ですが、前提が友人なので例外的なお付き合いですね。


b0367284_10481683.jpg

やはり、踊りにもその人らしさが現れます。
それが面白さでもあって。
さらに衣装や舞台装置もきれいで楽しめました。
昔自分が踊った藤娘などは、歌詞や曲や振りも所々覚えていて、
懐かしくも楽しいひと時でした。


b0367284_10482123.jpg


引き出物もうつくしく・・・
この日もまた、幸せなひと時でした。

















# by chinagii | 2017-09-19 11:21 | 外出 | Trackback | Comments(0)

お呼ばれ

昨日は雨でしたが、月一のクリパル・ヨガのクラスへ。
終了後、お近づきになった先生ご夫婦のおうちへお呼ばれしました。


今は皆、忙しかったり、色々ご事情があったりで、なかなかおうちに呼ばれる事も少ないですが、
人様の家に上げていただくと、その方の内面に一歩踏み込んで知る事が出来ますし、
勉強になります。
逆にいらしていただくと、いつもよりは念入りに掃除や片付けをするので家がきれいになるし、
お客様の事を考えて、色々セッティングをするのも楽しいし、
日々はほとんど一汁一菜の私ですが(苦笑)、お料理のレパートリーも広がります。


b0367284_10181371.jpg


入ってすぐの玄関脇には、ヨーロッパ風なガラスのアンティークやレースが飾られています。

インテリアは、住む人らしさが現れてとても興味深いもの。
どうやら先生は、ちょっぴりジャンクの入った西洋アンティークがお好みのご様子。


b0367284_10181840.jpg

テーブル・セッティングも、お料理も美しく、美味しく、
野菜一杯なのも嬉しい・・・。

b0367284_10182268.jpg

今回、こうしておうちに呼んでいただいた経緯はというと・・・


生徒が私と先生のご夫君の2人だけだったクラスがたまたま2回ほど続いたことがあります。
1度目はパーク・ヨガの日で、終了後、そのまま公園でのピクニック・ランチに誘っていただいて
3人で色々おしゃべりし、お近づきになりました。
さらに2度目はうちの夫もクラスに誘っていただき、夫はその時初対面にもかかわらず、
終了後は教室から近い我が家に遊びに来ていただいて。

お話しするうち、隣の駅にあるうちの親戚のマンションにお住まいという事や、
アンティーク好きという共通点がわかりました。
ご縁と言うのは面白いです。

さらに今回、刺繍好きという共通点もわかって。

b0367284_10182687.jpg

壁には作品が飾られています。
私はまだ完成した作品がほとんどない有り様なので、刺繍好きのうちに入らないですわ。(笑)


夕方、雨でしたが、ゆっくり歩いて20分で自宅到着。
ご近所さんであるのも、嬉しいことでした。


















# by chinagii | 2017-09-18 11:23 | ふれあい | Trackback | Comments(0)

こころとお洒落と日常のあれこれ


by naggystardust
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28