土井善晴さんの『一汁一菜でよいという提案』を読んでいます。
他の本数冊へと寄り道しながらのかけもち読書なので、
7月から読み始めたというのに、ようやく半分来た所です。


そもそもこの本は、自分用に買った物でしたが、
仕事が忙しい息子のお嫁ちゃんにプレゼントしてしまい、
その後再度購入しました。

b0367284_15591301.jpg


身体があまり丈夫でないので、色々な食療法を試して来ました。
マクロビオティックや西式食事法、ローフードやナチュラルハイジーンなどなど。
夢療法を始めてからは、エドガー・ケイシーの薦める食事も参考にしました。
いろいろやってみて思うのは、万人に合うものはないかもしれないということ。
それぞれの生活スタイルや趣味嗜好、国や時代、考え方によって、実践が難しいものもありますし。

結局我が家では、これまで試してみて良かったことと出来る事だけをやっています。
基本は、生野菜たっぷり+簡単な和食といった感じでしょうか。
夫が動物性タンパクも少し食べたがるので、ローテーションで焼き魚かお刺身、鶏肉かラム肉のどれかをひとつ。

息子が家にいる頃はともかく、今はなるべくシンプルに焼くだけ、煮るだけ、蒸すだけで
ほとんど調理しない献立です。
料理しなくなると、やはり腕が落ちます。
もともと凝った料理など出来はしませんが、こんな私でも、
果たして主婦としてこれでいいんだろうかという疑問も浮かばぬわけではなかったのです。

しかし、この本はハレとケという言葉を使って、日々無理をせず、でも手作りする事の大切さを語っています。
ケの家庭料理は特別な物でないし、無理なく簡単に作れるものを自分や家族の為に作れば良いし、
作る時には、自分や相手の事を少しばかりでも思って作るのだから、良い物であるだろうし。(かなりの意訳)

つまり一汁一菜=ごはんとみそ汁と香の物でよい、ということなんですが、
一菜とはご飯のおかずの意味ですが、なくてもよくて、その際はみそ汁の具で調節してね、と。
このみそ汁が、なんでもありで、トマトやきゅうりにすいとん、お肉や卵なんでもOK。
先日、トマトのみそ汁を試しましたが、夫には好評でした。
ちなみに昨日の我が家は休肝日で、おかずがサラダと数種類の香の物と梅干しという粗食でしたので
みそ汁の具を、南瓜と人参にしてウズラの卵を落としてみたら、満足感がありました。
妹から習った、もずくたっぷりのスープをみそ汁に応用してみましたが、これもなかなか。
今、海藻にはまっているので、ひじきや生の青海苔、ふのりなんかもヘビロテです。
みそ汁、なかなか侮れません。
そして粗食万歳!料理下手にも万歳!
手の混んだお料理は、プロにお任せということで。


















# by chinagii | 2017-09-12 17:16 | | Trackback | Comments(0)
インテリアをあれこれするのが好きです。
店をやっていたときも、ディスプレイやレイアウトを考えるのがとても楽しくて。


b0367284_11574734.jpg


先日、松本のアンティーク・ショップ『ヴィクトリアン・クラフト』に行った時
古材で作ったコート・ハンガーが目に止まりました。
古い木材を使ってはいますが、作られたのが現代で、
アンティーク家具ではなく新品です。
(ヴィクトリアン・クラフトでは、こういう物も扱っているようです。)


b0367284_11575036.jpg

けれど、古材の風合いがなかなかいい味を出しています。


コート・ハンガー自体、良い物がないかずっと探していたのですが、
その場では購入を決められませんでした。


b0367284_11575368.jpg


帰宅してからネットで再度見て検討し、夫にも相談して購入決定!
しかも、嬉しい送料無料キャンペーン中でした。
お値段は約5万円也。

来客時、お客様の上着を寝室のハンガーに掛けて間に合わせていましたが、
ようやく気に入った物に出会えました。
まだコートを掛けたことはありませんが、妙に我が家にしっくり馴染んで
見ているだけで幸せな気持ちになれるのです。




















# by chinagii | 2017-09-10 12:38 | | Trackback | Comments(0)

最後の夢療法講座

昨日は、鎌倉天の鳥船庵夢療法講座の最終回でした。
これで昨年10月から始まった月1回×12回=1年間のクラスが終了したことになります。


b0367284_11230729.jpg
             
昨日の鎌倉は、雨のち晴れ。
写真に写ったたくさんのビーサンは、沖に出ているサーファーのものです。

b0367284_11225461.jpg


私にとっては、通算6期目のクラス受講ですが、毎回その時の自分に合った物が受け取れます。
今回またこのクラスに出たことで、自分をさらに知り、
取り組むべき大きなテーマを、今までよりはっきりと具体的に確認することが出来ました。

b0367284_11230248.jpg

今回の私の夢は、中世のヨーロッパのような王国を訪問し、問題解決の為に記念植樹するというもの。
ここから受け取った夢のメッセージは『芯を通す』ということ。
そう、私は雰囲気に流されたり、人の気持ちを忖度しすぎたりして(や〜ね〜)
芯がブレる傾向があるのです。

そして、講師がある方を評して昨日何度も口にした言葉『健全な自尊心』。
そう、自分に足りないのはこれなんだよな。
健全な自尊心=ぶれない芯、なのだ、と。

ルイーズ・L・ヘイ女史の本を本棚から取り出して、また自分を愛する為のワークを始めようかなと考えています。


b0367284_11231346.jpg
クラスで描いた曼荼羅絵と、舞妓の過去生の夢の絵です。


b0367284_11224619.jpg


もっと自分を大切にする練習をして、中心にしっかりぶれない芯を通し、
人生と言う名の海で、上手に波を乗りこなしたいものです!
(いや、ホントに)


そして修了証と共に講師からいただいた私へのメッセージ・カードには
「欲しかった悟りは 何げない日常の満足でした」とありました。
そう、なんの変哲もない普通の日常、家を整えたりの家事をすることなんぞに
心の安らぎと幸せを見いだす自分を意識化できたことも有り難い事でした。

b0367284_11225461.jpg

クラス終了後、打ち上げの食事会で締めくくり、帰宅したのは11時半をまわっていましたとさ。

















# by chinagii | 2017-09-03 12:26 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

夏の信州

体調も不安定だったり、仕事も臨機応変の対応が必要だったりで
今年の夏は何の予定もないままに終わるのかと思っていました。

ある日、松本の妹から「5日間のお休みが取れたので、来る?」と言われ、
それではとデザインの締め切りに追われる夫を残し、あずさの車上の人となりました。

妹にあっちへこっちへと連れ回ってもらい、姉妹漫才のような珍道中です。



まずは戸隠へ。



b0367284_16531731.jpg


b0367284_14451337.jpg

妹おすすめの『そばの実』というお蕎麦屋さんで、戸隠蕎麦のお昼。
お蕎麦は、ぼっち盛りという盛りつけ方だそうです。

b0367284_14512983.jpg


b0367284_14512464.jpg

b0367284_16531257.jpg


戸隠神社は奥社まで歩いて往復1時間。


b0367284_16532158.jpg
さらに、中社にもお参り。(中社の写真はなし)





b0367284_14501170.jpg

妹夫婦の思い出がつまった野尻湖。
何となく昭和のノスタルジーが漂います。



栗で有名な小布施に一泊。

b0367284_14501780.jpg
            まりもではなく栗です。↑





安曇野へ。
b0367284_14505273.jpg
降っては晴れてのお天気が、緑をより美しく見せてくれました。




b0367284_15071155.jpg

アンティーク好きの姉のリクエストで、有名なアンティーク・ショップにも連れて行ってもらいました。
が、今回は見るだけ。
私は家のインテリアをあれこれ考えるのが好きなので、見るだけでも十分満足です。




日帰り温泉は、浅間温泉『目の湯』。
かなり古い建物で、余計な物のない超シンプルな温泉旅館です。

b0367284_15064243.jpg
宿泊するには、ちょっと何か出そうで怖い印象ですが、なかなか趣があることは確か。

b0367284_15065137.jpg
お湯が熱くてびっくり!源泉掛け流しだそうです。

b0367284_15065678.jpg


気のおけない姉妹ならではの旅です。
話題はおバカな軽口話限定!?
育った環境が同じ姉妹とは言え、違う所も多々あって、また少し自分自身を知ることにも。
人と過ごすことは、やはり勉強になるものですネ。


土曜日の夕方、あずさに乗って新宿に着きました。
新宿副都心のあまりの人混みと、東京の暑さに、一気に旅気分がふっ飛んでしまいました。(笑)
















# by chinagii | 2017-08-28 15:28 | | Trackback | Comments(0)

日蝕、新しい始まり

今日未明に起こった皆既日蝕。
日本では見られないとの事でしたが、天体は『新しい始まり』を示しているようです。
そんな実感、しますよね?

天体の写真はアップできませんが、丸いものつながりで
16日から池袋西武でやっている骨董マーケットで手に入れたトレーと和皿の写真を。

b0367284_09561603.jpg

洋風な丸いお盆を探していて見つけたトレーは、¥8.500を¥7.000で購入。
蚊取り線香用にと買った和皿は、¥1.080也。



さて、昨日は、日蝕の新しい始まりの時に合わせて、友人のカウンセリング・ルームで
箱庭を作って来ました。

箱庭は芸術療法のひとつ。
砂の上にニミチュアのフィギュアなどを置いて、ひとつの風景を作り上げていきます。



b0367284_09562398.jpg


絵画療法と同じように、そこには今の自分が映し出されるのです。
小さくてよくわからないと思いますが、左上から時計回りに、キリンと木、魔法のランプ、神社、鷲、豹、
熊、蠍、ライオン、死神、中央に駱駝を置きました。
置いてある物はなかなかパンチがありますが、全体としては静かな印象の箱庭になったと思います。

最後に、自分がフィギュアになり切って、カウンセラーと問答をします。
この作業を経て、置いたフィギュアの意味が自分の中で腑に落ちるのです。
(これは、他ではやらないことが多いかも)

そして、今月の夢のクラスの課題で、
これまで見た自分の夢から、4つの象徴的事物を選んでライフ・シールという絵にしました。
夢の師いわくライフ・シールとは、今生で取り組む課題目標を1枚の絵にしたものだとの事。
それが、こちらです。


b0367284_10143027.jpg


鷹、稲荷の白狐、海、炎を描きました。

箱庭のフィギュアと重なる部分があります。
もっと自分自身の芯をしっかりさせ、それを大切に感性豊かに生きること、自分にもまわりにも寛大であること、
そして社会の中で自分の与えられた場所で役割を果たし、楽しむこと。

こんなことを、新しい始まりに受け取りました。


















# by chinagii | 2017-08-22 10:39 | セッション・ワーク | Trackback | Comments(0)

こころとお洒落と日常のあれこれ


by naggystardust
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28